わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

2020-04-10

なぜか、僕はまだ生きている。

言ってしまうと、辛いなら、辛い方が良い。それは、辛いということは、まだ何かを「治している」からである。辛い部分を無理やり殺して治そうとすると、「治ってもいないのに治らなくなる」のである。よって、狂った人間は、いつまでも苦しみ続けなければならない。それが分かれば、楽になる。