Adobe Illustrator

ベクトル系ドローソフト

Illustratorはベクトル系ドローソフト。ベクトル系(ベクター系)のソフトは、画像をピクセルやドットで一面的に保持するPhotoshopとは異なり、画像をパスと呼ばれる直線やベジェ曲線の数値データの重ね合わせとして保持する。座標を計算して画像の大きさや位置を求めるため、拡大・縮小しても劣化することがない。イラストを作成する時に、たくさんの拡大・縮小やさまざまな変形効果を使い、また滑らかな曲線を維持したい場合には、ベクトル系のソフトは便利であり、美しいイラストを作ることができる。パスデータはあとからでも編集や加工が可能(しやすい)で、イラストを作る作業をとても簡単にしてくれる。
グラフィックデザイン以外でも、ワードやパワーポイントのような文書の作成(特にチラシや広報文書など)に使うこともできる。また、パスオブジェクトの重ね合わせを利用することで、効率的にイラストを作成・加工することができる。
Photoshopと連携させて使うことで、とても柔軟でクオリティの高いグラフィックデザインをすることができる。Photoshopとともに、定番中の定番、事実上の標準ソフトである。代替としてはオープンソースInkscapeなどがあるが、まだまだInkscapeは未熟で、日本での利用者は少ない。特にInkscapeはイラスト制作には十分使えるクオリティだが、日本語での組版には若干向いていないと思う。

Illustratorの基本

Illustratorの基本は、パスです。
パスを引く時は、ハンドルが水平に近くなるとなだらかな曲線になり、垂直に近くなると大きな曲線になります。
ALTキーを押しながらハンドルを動かすことで、切り返すことが出来ます。
それから、基本的に、線と塗りをつけていきます。
色がない時は色なしを選択しましょう。
そして、レイヤーやオブジェクトの前面・背面移動を使って、「見えないところ」はオブジェクトの重なり合いで表現しましょう。
イラストをトレースする時は、下絵レイヤーにスキャンした画像イメージのファイルを配置して、一つ一つパスを引いて行って、最後に色をつけましょう。
機能として、スマートガイド、スポイトツール、テキストボックス、クリッピングマスクなども応用してください。

細かい技法を覚えよう

Illustratorをやるコツは、絵を描くのと同じです。細かい技法から覚えていきましょう。
パスを引くのも、アピアランスや効果をかけるのも、全て技法にすぎません。細かい技法を覚えていけば、次第にIllustratorの機能の様子が見えてきます。
才能は継続です。継続し続ければ、必ずデザイナーになれます。
特に、技法を覚えることは、デザインだけに限らず、芸術や音楽、そしてプログラミングや工学に至るまで、全てにおいて必要です。
芸術は美しいインスピレーションから作るという方もいますが、それは一部の天才だけで、多くの人は技法を学ぶことでデザインができるようになります。
そして、その技法はインターネット上にも本にもたくさん掲載されていますが、そこで、「自分なりに考えて理解する」ことのできる人を、本当の天才、あるいは才能があると言います。
さまざまなテクニックや技法を、自分で考えて習得できるようになれば、それで一人前です。

僕はパスをとても綺麗に引ける

ちなみに、僕は最近、ペンツールでパスをとても綺麗に引けるようになりました。
著作権の問題から掲載することができず残念ですが、シュルツの書いた原画のスヌーピーの漫画を、本物そっくりにトレースできます。「どちらが本物なのか分からない」とみんなに言われています。「Illustratorでここまでできるのはすごい」と言われました。
パスを引くコツは、完全に「慣れ」ですが、基本的なやり方を知り、コツとロジックを分かれば、パスは誰でも綺麗に引けます。これが、Illustratorの最初の壁である「ベジェ曲線」であるとよく言われます。ですが、全然簡単です。

まずは素材の配置からはじめよう

まずは、イラストACなどの無料素材サイトから素材をダウンロードして、それを配置してみましょう。
素材の配置だけでも、たくさんの素材を綺麗に配置することで、「はじめてのデザイン」を行うことができます。
たとえば誕生日のお祝いであれば、プレゼントや虹や鳥のような素材を配置することで、デザインの基本が身に付きます。
それができたら、今度はペンツールを使って素材の輪郭をなぞって同じものを作る(トレース)を行いましょう。
以下にIllustratorの基本操作を記述します。

基本操作

これだけは覚えてほしい基本操作

まず、スペースキーとドラッグで手のひらツールでアートボードを動かすことができます。
また、Ctrl+スペース+クリックで拡大、Ctrl+Alt+スペース+クリックで縮小できます。
選択ツール(黒矢印)でクリックすることで、オブジェクトを選択できます。ダイレクト選択ツール(白矢印)でクリックすることで、パスのアンカーポイントやハンドルだけを選択できます。Shift+クリックで複数のオブジェクトやアンカーポイントを選択できます。
ペンツールでベジェを描いている時は、最後のアンカーポイントをクリックすることで、ハンドルをキャンセルできます(パスを曲線ではなく直線として描画できる)。また、ベジェの描画中にCtrl+クリックをすることで、パスの描画を終了することができます。

図形ツール

四角形ツールや楕円形ツールは、Shiftを押しながらドラッグすることで正方形や正円を作成できます。
また、Altを押しながらドラッグすることで、中心から四角形や楕円形を描くことができます。
拡大縮小を行う時は、Shiftを押しながら拡大縮小することで縦横比を維持したままで拡大縮小ができます。また、Shiftを押しながら移動することで、縦横の延長線を維持したまま移動できます。
Altを押しながら移動することで、オブジェクトをその位置に複製することができます。
後日注記:Altを使ったコピーはとても多用します。また、間隔を揃えるために5mm間隔でコピーする時は、移動を良く使います。移動は5mmという距離を設定できるだけでなく、コピーボタンでコピーできます。一度行ったコピーはCtrl+Dで簡単に繰り返せます。

基本的ワークフロー

パスに色をつける

パスは、線と塗りで色を付けることが出来ます。線は一つだけではなく、アピアランスを追加することで、無限に線を引けます。
また、パスのアウトラインをとったり、分割・拡張を行うことで、線を塗りに変換することも出来ます。
アピアランスには、それぞれに項目に効果を設定できます。そのため、外枠の線だけにぼかしをつける、などという使い方も可能です。

トレース作業

デザイン業務の習熟には、既にあるイラストや広告などを、自分で真似て作る「トレース」と言う作業が有効です。
まず、JPGなどのファイルをepsにしてIllustratorのアートボードに配置します。そして、1つ1つの線と塗りをパスにしていきます。
ペンツールで、なぞるように綺麗にパスを引いてあげましょう。
輪郭は、パスとパスの重なり合いによって、例えば服の袖から腕が出るように、重なり合いを上手く利用して、「1つのイラスト」を描くことが出来ます。

レイヤーと重なり合い

レイヤーと重なり合いを上手く使って、整理整頓された環境で作業しましょう。
また、「同じ位置にコピーする」ことを上手く使うことで、クリッピングマスクをかけることが楽に出来ます。前面コピーや背面コピーのような機能もあります。
レイヤーを非表示にすることやロックをかけることも出来ます。他人のデータをコピーする時は、相手のレイヤー分けをそのままコピーするか、のような設定を指定することも出来ます。
レイヤーはAltを押しながら展開することで全展開でき、展開した状態でAltを押しながら閉じることで全て閉じることができます。
どこにどんなオブジェクトがあるか分からない時は、Ctrl+yでアウトライン表示にできます。アウトライン表示では、全てのオブジェクトの輪郭が細い白黒で表示されます。また、Alt+目玉をクリックで未選択のレイヤーを全て非表示に、Alt+Ctrl+目玉をクリックで、その他をアウトライン表示にすることができます。

レイアウトと基本操作

パスファインダークリッピングマスク、アウトライン、オフセット

パスとパスの関係から、新しいパスを作ってくれる機能です。
パスファインダーは、パスとパスを切り抜いたり合体させたりしてくれます。
クリッピングマスクは、写真のようなデータをパスで切り抜くことが出来ます。
アウトラインは、文字や線などを塗りを設定するパスにすることが出来ます。
オフセットは、そのパスよりも一回り大きい・小さいパスを作ってくれます。

グループ

いっぺんに移動や拡大などの操作をしたいオブジェクトは、グループに設定することが出来ます。
オブジェクトは、ダブルクリックでグループ編集モードの中に入ったり、Ctrlキーを使うことでグループ内のオブジェクトを選択したり、Shiftキーを使うことで複数のオブジェクトを選択したりすることも出来ます。また、Altキーを押しながらオブジェクトをドラックすると、そのオブジェクトをその位置にコピーしてくれます。Ctrl+Dを使うことで、一度やった動作をもう一度繰り返すことが出来ます。

整列

整列機能を使うことで、オブジェクトの端を合わせたり、等間隔で並ばせたりすることも出来ます。
オブジェクト同士を整列するだけではなく、アンカーポイント同士を整列させることで、整理された綺麗なパスオブジェクトを作ることも出来ます。
後日注記:特に、整列はもっともよく使う機能のひとつです。特に等間隔での整列は、5mm間隔で写真を配置させたい時に必ず使用します。

回転、拡大縮小、移動など

パスを回転したり、拡大縮小することが出来ます。そして、変形の繰り返しと言う機能を使うことで、たとえばハートを回転させながら4つコピーする、などが出来ます。
パターンを移動し、拡大縮小したり回転したりすることによって、単純なパターンから多様なテクスチャを作ることが出来ます。
回転や拡大縮小をする時は、基準点を設定することで、その基準点を中心に回転や拡大縮小をかけることができます。九つの点から選ぶ方法や、回転ツールや拡大縮小ツールでAltを押しながらクリックして設定する方法があります。

テキストボックス

テキストを配置し、それをデザインします。パスを描くよりも、こちらの方が使用頻度として多いかもしれません。
ワードでは出来ないような、高度なデザインが可能です。
カーニングを設定することで、文字と文字の間を自動で字詰することが出来ます。Alt+→やAlt+←で、手動で文字ごとに字詰を行うことも出来ます。また、両脇揃えにする(文字の両端を綺麗にしてくれる)ことや、一段階文字を下げたりすることも設定から出来ます。
縦書きも可能です。縦書きをする時は、欧文を横書きではなく縦書きにしたり、縦中横(12月といった数字などを含む文章で、12だけを横書きとして縦書きの中に入れる)といったことをすることも出来ます。
配置したテキストは、アピアランスから新しい線を設定し、文字や塗りよりも下に置くことで、縁取りをすることも出来ます。
テキストボックスには二種類あって、ロゴや吹き出しに使う文字のようなテキストとワープロのような文章のテキストは別のツールを使います。これはダブルクリックで切り替えます。
テキストは回り込みをしたり、複数のテキストボックスに対して一つの文章を流し込むように設定したりすることも出来ます。また、アーチのような効果をかけることで、ロゴのようなテキストを綺麗に作ることが出来ます。
フォントによっては、太さの異なるファミリーが用意されていることがあります。ロゴやタイトルに使うフォントの場合は、ボールドやヘビーのような太いフォントファミリーを使いましょう。
パス上文字を使うことで、アーチだけではなく、パスの輪郭になぞらえるようなテキストを表現することも出来ます。特に、円オブジェクトを背景にパス上文字を使うことで、メダルのような円形に対する文字をなぞらえることもできます。

ロック

オブジェクトはCtrl+2でロックすることができます。ロックしたオブジェクトは編集できなくなり、選択もされなくなります。
オブジェクトの上で作業したい場合や、ある特定のオブジェクトだけ作業対象から除外したい場合に、Ctrl+2を使うと便利です。
オブジェクトのロックを解除するためには、全てのロックを解除を使います。
レイヤーパネルから、レイヤーごと全てロックすることもできます。これは、上のCtrl+2とは別扱いです。全てのロックを解除をしても、レイヤーのロックは解除されません。注意してください。
レイヤーロックは、たとえば背景レイヤーを作って、背景のオブジェクトを背景レイヤーに配置し、その背景レイヤーをロックしてその上で作業を行う、といった使い方をします。

良いデザインを作るために

効果

Illustratorなどで良いデザインを使うために、一つの要素は「効果を使うこと」です。
特に、ドロップシャドウ、光彩、ぼかしを使うことが多いです。
その名の通り、効果的に使うことで、とても綺麗なデザインになります。
ドロップシャドウは、オブジェクトの後ろ側に影をつけます。ぼかしを加えることで綺麗なデザインになります。光彩は、オブジェクトのパス(枠)の周りの、内側と外側にぼかしや影や光をつけます。パスの編集と組み合わせて上手く使えば、それだけで綺麗なデザインになります。

色使い

もう一つの要素は、色使いです。色を綺麗にまとめることで、一体感のある完成されたデザインになります。

文字の縁と飾りフォント

文字に縁を付けるためには、線と塗りを設定して重ね順を変えます。
飾り文字を作る時のフォントは、平成丸ゴシックのような可愛らしいフォントにしましょう。

素材を効果的に使う

素材は効果的に使いましょう。色を変えたり、カレンダーのような場合は一つの素材をたくさん配置しても良いでしょう。
素材は、組み合わせて加工して使うと良いデザインになります。たとえば、富士山の中に謹賀新年を入れたり、カレンダーの枠の色を日曜日と土曜日と平日で変えたりすることが考えられます。

素材がどのように作ってあるかを見て、素材の作り方を学ぶ

素材は、素材サイトからダウンロードして使うことになりますが、ただ使うだけではなく、aiデータがある時はその内部の作り方を良く見て確認しましょう。
パスの引き方や色の付け方を学ぶことで、自分でも素材が作れるようになります。僕はまだそこまでの実力はありませんが、頑張ります。

素材を真似して作る

素材は使う対象だけではなく、学習の対象にもなります。
素材と同じものを自分で真似して作ってみましょう。
自分の方が、もっと上手いデザインをする可能性もあるかもしれません。

写真をトレースしてイラストを作る

素材にあるようなイラストと同じものを作りたい場合は、写真をトレースすることが有効なことがあります。
特に、人の似顔絵を描きたい場合などで、その人物の写真がある場合は、写真の上からペンツールでトレースしてイラストを作ります。
また、既にあるイラストを自分で真似して描きたい場合は、ノートのような紙に写真やイラストを見ながら真似した絵を描いて、それをスキャナーでスキャンし、そこからトレースする、という方法を使います。
イラストだけではなく、デザインの全体の構図を考える場合などに、ノートのような紙の媒体に鉛筆でラフを描くことは有用です。
画家の先生ではありませんが、シャーペンではなく、削って太さを調整できる鉛筆を使うようにしましょう。消す時は消しゴムだけではなく練り消しも使うのも有用だそうです。

ぼかし、グラデーション、シャドウ、白縁

何にも思いつかない時は、ぼかし、グラデーション、シャドウ、白縁をつけましょう。これらを多用することで、下手なイラストでも綺麗に見せられます。
特に、グラデーションは効果的です。下手なイラストでも、それぞれの色をグラデーションで塗り分けることで、見違えるほど綺麗なイラストになります。
また、透明を効果的に使いましょう。

雑多な情報

用紙サイズ

意外と知っておくべきなのは、用紙サイズだ。Illustratorではサイズをmmなどで指定して移動や拡大、オフセットを取ることが出来るが、用紙サイズが分かっていると作業がしやすい。
A4は210×297mm、A3は297×420mm。名刺は55mm×91mm。
オフセットを取る場合は、四角形ツールで用紙いっぱいに四角形を描いてオフセットを-3mmから-5mmの間で取り、ガイドを引こう。

ベジェ曲線でパスを描く

ベジェ曲線とは

ベジェ曲線とは、Illustratorのペンツールで図形を描くために用いる、アンカーポイントやセグメントとハンドルによる、「なめらかで綺麗な曲線」のこと。
基本的に、ハンドルを線に水平に近づけるほどなだらかな曲線になり、垂直に近づけるほど極端な曲線になる。
Illustratorのペンツールでは、ベジェ曲線を使うことで、拡大しても劣化しない滑らかな曲線を描くことができる。
ハンドルは向き以外に大きさ(長さ)があるが、これを上手く調節することで線が美しくなる。特に、ハンドルを長く伸ばしてアンカーポイントを少なくすることで、美しい曲線を引ける。

基本

ベジェでパスを描く時は、コツが要ります。出来るだけ、ハンドルを伸ばし、アンカーポイントを少なくします。
コーナーポイントとスムーズポイントを上手く使い分けながら、Altで折り返したりしていると、すぐに綺麗なパスが引けるようになります。
ペンツールでパスを描く練習をするためには、企業のロゴをなぞったり、カープ坊やのような簡単なイラストをなぞったりして、画像トレースの練習を行うと良いでしょう。

綺麗なパスをペンツールで引くコツ

線を単純になぞるようにハンドルを伸ばしたり、正確性を重視してアンカーポイントを増やしたりしてしまうと、パスがいびつになってしまって、汚い線になってしまいます。
綺麗なパスを引くコツとして、
1.ハンドルを思い切って外側に長く伸ばすこと
2.要らないアンカーポイントは削除すること
3.曲線の部分を丁寧に作って、同じ曲線の部分に複製すること
が挙げられると思います。
ペンツールだけではなく、フリーハンド系のツールを使うことも出来ます。塗りブラシツールを使えば、ある部分を塗りつぶすようにブラシで塗っていくことでパスオブジェクトを作ることも出来ます。ブラシツールとブラシを使うことで、手書きしたパスにさらに毛筆のような表現をすることも出来ます。

ベジェ曲線の描き方

ベジェ曲線とは、この表現で分かるかは分からないが、要は、「曲線をハンドルで釣り上げる」ことだ。
釣り上げる、という表現が重要だ。一つのベジェ曲線には、両端の二つのハンドルがあるが、これを外側にどれだけの長さで、どれだけの角度で伸ばすかで、曲線の曲がり方が変わってくる。
だが、頭で理解するのは難しい。中学三年で習った数学の「二次曲線」を思い出してほしい。あんな感じで、放物線のように曲線が伸びる。その上で、それを角度を強く、弱くし、大きさや長さを長く、短くする。それが、僕の言う、「釣り上げる」の意味だ。
これを読んだだけでは分からないと思うが、ベジェ曲線は曲線を釣り上げながらハンドルを作っていくことで綺麗なパスが描ける。僕も、もう作業所に行き始めて1年と4か月ぐらいが経つが、やっと描き方が分かった。ただ、「釣り上げるように」描けば良い。今までは、そういう風に考えることが無く、綺麗なパスが描けるようになったとは言っても、簡単なイチゴの輪郭すら描けなかった。やっと描けると思う。
どうでも良いが、最近一番良く使うのは、グラデーション、ぼかし、そしてリフレクトとシアーだ。文字オブジェクトに使うことで、文字がとても綺麗にデザインできる。(2018.03.29)

アンカーポイントは角ではなく直線にも

アンカーポイントは角に付ける人が多いと思うが、ベジェ曲線という特性から考えて、直線部分にアンカーポイントをつけて、綺麗な曲がり角をハンドルで作る、というやり方も僕は良いと思います。
パスは、「考えて引く」こと、それが鉄則です。適当に何も考えず引くのはやめて、考えながら引きましょう。

ベジェ曲線は直線の「膨張」である

ベジェ曲線は、「膨張させる」という表現をすると良いかもしれません。直線をある方向に膨張させることで曲線を描く。それがベジェ曲線です。

ロゴやイラストのトレース

ペンツールでベジェ曲線の練習をするために、有効なのはロゴやイラストのトレースです。
トレースとは、画像の輪郭線をなぞって同じ輪郭のパスを引く作業のことで、背景レイヤーにロゴやイラストの画像を配置し、その輪郭線をペンツールでなぞっていきます。
これが出来ると、きちんとペンツールで複雑な曲線のパスを描くことができます。

ハンドルを長すぎず、短すぎず伸ばすのがコツ

初心者の人は、ハンドルを長すぎたり、短すぎたりして伸ばしてしまいますが、基本的にハンドルを長すぎず、短すぎないように引くことで綺麗な線が引けます。
曲線について引く時は、ハンドルを出来るだけ大きく外に伸ばしましょう。それによって綺麗な曲線になります。
ロゴのトレースなどをする時は、線幅を1ptから0.5ptなどに細くすることで、一段と難しくなってやりがいが出ます。簡単だと言う人はそうしてください。
ただ、後から編集できるとは言っても、普通、ペンツールでイラストを描くのはトレースとか切り抜きの時が主になります。パスはさまざまなグラフィック効果や素材の編集・作成には使えますが、基本的には紙に描いて練習しましょう。

ハンドルは曲面に水平に

ハンドルを伸ばして曲線をトレースするコツとして、「ハンドルは曲面に水平に」というのがあります。
特に、サインカーブなどはハンドルを曲面に水平に伸ばすことで、綺麗な曲線をトレースできます。

基本は慣れ

ただし、ペンツールでベジェ曲線を描くのは、やはり、基本は慣れです。
特に、ベジェ曲線は、慣れてしまえば、どんな曲線でも引けるようになるため、適当に何も考えずに引いていても、綺麗な曲線が引けるようになります。
特に、数センチ間隔でアンカーポイントを増やし、元の画像にできるだけ忠実にパスを引いていけば、綺麗な曲線は誰でも慣れれば引けます。

線を曲げる時に横につけるものだと思えば良い

最近の自分の経験から言って、ベジェ曲線は線を曲げる時に横につけるものだと思えば良いです。
また、できるだけ長くパスを引いて、できない時は少し短くする、といった方法でパスは誰でも引けると思います。簡単です。

ペーパーデザインの基本

細かいところは丁寧に

デザインの基本として言えるのは、「細かいところを丁寧にすること」です。
たとえば、ブラシを作ったり、パターンを作ったりする時に、細かいところを丁寧に作れば、それも丁寧であれば丁寧であるほど、美しいデザインになるでしょう。
何度も繰り返し作り込めば、その分だけ綺麗なデザインになります。
僕も練習中の身ですが、僕の周りでデザインが出来る人は、みんなきちんと丁寧なところを作り込んでいます。自分だけできていないので、あまり強制はできませんが、今から頑張りましょう。

インパクトは大きく

また、もう一つの基本として言えるのは、「インパクトは大きく」です。
ぱっとみて目に大きく入るように、インパクトの大きいデザインをすることで、それを見る人はひきつけられます。
ですが、あまり派手でたくさんの要素があり、文字数も多いようだと、どこを見て良いのか分かりません。
綺麗な部分は綺麗に、派手な部分は派手にして良いのですが、地味な部分は地味で良いのです。

カラーリングを大切に

また、さらに基本として言えるのは、「カラーリングは大切に」です。
色使いはとても重要な概念で、僕も長い間苦戦してきましたが、Illustratorにはさまざまなカラーリングを補助するツールが備わっています。
特に、アクセントとして補色を使ったり、あるいはカラーガイドやスウォッチライブラリなどを使うことで、綺麗なカラーリングを試してください。

イラスト制作の心得

恐れるな!Illustratorのパスは何度でも修正できる

Illustratorでイラストを制作する時の心得のようなものとして、恐れず、勇気を出してイラストの制作に取り掛かる、ということが言えます。
Illustratorでは、図やイラストをオブジェクトとして取り扱います。この時、オブジェクトはパスと呼ばれる、後からでも編集や修正がしやすい形式で保存されます。
ですから、失敗しても何度でもやり直せます。修正は簡単に行えるのです。
Illustratorでは、最初からその部分にブラシを描いていくペイントソフトとは違い、オブジェクトを移動させて重ね合わせたり、パスを編集したり移動させたりすることで、簡単にやり直しがききます。また、拡大・縮小をしても劣化しません。その上、パスを簡単に変形してくれるさまざまな効果が用意されています。

図形ツールでイラストを描く

たとえば、蝶々のようなイラストであれば、楕円形ツールなど、図形ツールを使って作った図形を組み合わせ、加工することでイラストを制作できます。
選択ツールでは、オブジェクト全体の編集と操作を行います。円の大きさを変えたり、回転したりするために使います。
また、ダイレクト選択ツールに持ち帰ることで、パスの細かな編集ができます。ハンドルやアンカーポイントをダイレクトに選択して、マウスのドラッグやカーソルキー(矢印キー)でアンカーポイントを移動し、何度でも修正・加工できます。
また、たとえばリボンのようなイラストを作る時は、四角形のパスにアンカーポイントを追加して、内側に三角形の形をした部分を作ることができます。角丸四角形と三角形(スターツールや多角形ツールで作る)をパスファインダーで合体させて、キャンディーのイラストを作ることもできます。整列ツールはオブジェクト全体だけではなく、アンカーポイントにかけることもできるため、線のちょうど半分のところにアンカーポイントを整列させたい時は、整列パネルの分布を使って行うことができます。
また、リボンを作りたい場合は、ワープ効果の円弧を使うことで、四角形をリボンのように曲線の四角形に加工することができます。

ペンツールでトレースしてイラストを描く

四角形ツールや楕円形ツールで描けない、複雑な図形はペンツールで描きます。
この時、ペンツールで使う曲線を「ベジェ曲線」と言います。ベジェ曲線は慣れないと難しいですが、慣れると紙には絶対に描けないような滑らかな曲線を描くことができます。
ペンツールでベジェ曲線を描く時、下絵となる画像を元にして、上からなぞってイラストを描く方法が、学習者に有効です。これを「トレース」と言います。
トレースは初心者に与えられる最初の課題です。間違えた時は、Ctrl+Zでひとつ前の状態に戻すことができます。また、要らないアンカーポイントはDeleteキーで削除できます。

消しゴムツール

ちなみに、図形ツールでイラストを描く際に使うと便利なのが消しゴムツールです。任意の範囲のパスを削除できるため、キャンディーの画像を少し加工したり(たとえば少しやぶれた感じにできる)、同じオブジェクトを2つ重ねて、下のオブジェクトの色を出したい時などに有効です。
消しゴムツールは、Shiftキーを押しながらドラッグすると直線的に領域を消せます。また、Altキーを押しながらドラッグすると四角形で領域を消せます。とても便利です。

レイヤー

レイヤーの使い方とコツ

Illustratorでレイヤーを使うにはコツがあります。
レイヤーは、イラストを描いたりトレースしたり、あるいは情報やデザインを並べていく上で、パーツごとに表示・非表示を切り替えたり、順番を一定に保ったりするために使います。
たとえば、顔写真からイラストをトレースする場合、まず、最背面に背景レイヤーを作って配置します。
次に、背景レイヤーの上に輪郭レイヤーを作り、線無し、塗り無しの状態で、輪郭線をペンツールでなぞっていきます。輪郭のパスが描けたら、線と塗りを設定します。
次に、輪郭レイヤーの上に髪レイヤーを作ります。ここで、いったん輪郭レイヤーは非表示にします。そして、髪レイヤーを線無し、塗り無しの状態で、ペンツールで作ります。髪のレイヤーが描けたら、線と塗りを設定します。
同じように、目、眉毛、まつ毛、鼻、口、耳などを描いていきます。
全てが描けたら、全てのレイヤーを非表示ではなく表示にします。最後に、背景レイヤーを非表示あるいは削除します。
レイヤーを描く時のメリットは、あとで編集する時にも役立つということです。たとえば、まつ毛だけを編集したいと言った場合、まつ毛以外の全てのレイヤーを非表示にして、まつ毛だけを編集します。まつ毛は必ず目よりも前面のレイヤーにあるため、あとでいくらパスやオブジェクトを付け足しても、目の上に表示されます。これはまつ毛の下の目のレイヤーを編集する場合も同じです。
このようにして、イラストを写真からトレースすることができます。僕のこのサイトに載っている似顔絵は、そのように描きました。

基本操作

図形ツールでイラストを描く

もちろんペンツールでベジェ曲線を描くことで、複雑なパスを描いてイラストを作ることもできますが、上級者は図形ツールを使って単純な図形を描き、それを変形することでイラストを作ります。
まず、四角形ツールや楕円形ツール、あるいは三角形ならばスターツールや多角形ツールなどを使って、単純な図形を描きます。このオブジェクトに、アンカーポイントを追加・削除したり、アンカーポイントを移動させたりすることで、図形を変形します。そして、そうして作ったオブジェクトの集団として、イラストを作ります。
これらに、効果をつけたり(たとえば「ラフ」や「角を丸くする」、あるいは「ワープ」から「アーチ」や「旗」など)、線にブラシ、塗りにパターンを設定したりすることで、イラストを作ります。(効果をパスにしたい時は「アピアランスを分割」を使う。)
複数のオブジェクトを一つのオブジェクトにする時は、グループ化したり、パスファインダーから複合パスや複合シェイプにしたりすることで、ひとつのオブジェクトのように扱うことができます。
イラストを作る上で便利な機能として、「背面コピー」と「前面コピー」、それから「ロック」や「非表示」を使うことができます。また、クリッピングマスクや描画モード(乗算など)、グラデーションやメッシュなども良く使います。パスファインダーは「合体」と「分割」を良く使います。別のオブジェクトにアピアランスをコピーしたい時はスポイトやグラフィックスタイルなどが使えます。
最初のうち、慣れない間は、イラストACなどから素材をとってきて、素材がどのように作られているか、自分で開いてレイヤーパネルを展開したり、編集や削除をしたりアピアランスを変えたりすることで、みんながどのようにイラストを作っているのかを確認することができます。

四角形、円、直線を加工すれば何でも作れる

上に書いたように、四角形ツールや楕円形ツール、あるいはペンツールや直線ツールを使って、図形を描き、その上で拡大縮小や回転などをかけて、ダイレクト選択ツールでパスを変形すれば、ほとんどの図形は何でも作れます。
ペンツールを使ってベジェを描くのは、たとえば紙に描いたイラストをトレースしたりする場合です。他にも、写真を上からなぞったりすることもできます。
また、効果を上手く使ったりすることで、パスを上手く変形できたり、テクスチャをかけたりできます。他にも、グループや重ね合わせやパスファインダーを使うことで、綺麗にイラストを作れます。
イラストACのような素材サイトの素材は、そのまま使うだけではなく、それをお手本として自分で同じものを作ってみましょう。特に、桜吹雪のようなイラストを描きたい時は、桜の花びらを楕円形ツールを加工してパスファインダーで作ります。それをシンボルに登録し、シンボルスプレーツールなどを使ってたくさんの桜の花びらを配置できます。他のシンボル系のツールを使うことで、綺麗なデザインをすることが可能です。
ただし、イラストを作るといっても、フリーハンドで描くのは難しいです。イラストを作る時は、紙やペイントツールで描いたイラストをパスにトレースすることで行うと良いでしょう。

共通

「共通」によってオブジェクトをまとめて選択できます。たとえば、同じ塗りのオブジェクト、同じ線のオブジェクト、同じアピアランスのオブジェクトを一括して選択できます。
共通を使いこなすことで、ちょっとしたひと手間が楽になります。写真の縁を形成しているオブジェクトを簡単に一括で選択することができます。

Ctrl+Dを使いこなそう

Ctrl+D(直前の操作を繰り返し)を回転ツールなどと一緒に使うことで、花びらのような規則的な図形を作ることができます。
虹やコイルのような複雑な図形も、長方形ツールと移動・コピーなどをCtrl+Dと一緒に使うことで、簡単に作ることが出来ます。
虹を長方形ツールで作る場合は、ブラシに登録することで、どんなパスでも虹のような線にすることができます。
コイルを作る場合は、パスを連結する部分を「連結」を使って結合させましょう。
切手のような図形を作りたい場合は、円をCtrl+Dでたくさん描いて、四角形の周りを切り抜きます。切り抜く時にAltキーを押しながら型抜きすることで、オブジェクトを複合パスにすることができます。複合パスにすると、元のパスデータが残るため、あとで円を大きくしたり形状を変えたりすることができます。
花びらは、ジグザグとパンク・膨張効果から作ることもできます。

個別に変形

たくさんのオブジェクトがあるような場合に、それぞれのオブジェクトの位置を保持したままで個別に拡大・縮小などの変形が出来る機能として、「個別に変形」があります。
この個別に変形機能の中にある、「ランダム」という機能が便利です。これは、たとえば同じ大きさの星形のオブジェクトがある場合などに、入力した数値からある程度ランダムに拡大・縮小などをしてくれる機能です。
僕はこの機能を知るまでは、散布ブラシを使って星の大きさの変化などを表現していました。これは直線的なパスでたくさんの星を作りたい場合に便利ですが、個別に変形のランダムを使うことで、背景に星や雪のようなオブジェクトを散らそうと思った時に便利です。

レイアウト

スマートガイドなど

スマートガイドを有効にすると、線と線をぴったりと引っ付けてくれたりして、色んなことをスマートにガイドしてくれます。
また、ガイド機能を使うことで、補助線を引いてデザインを作ることも出来ます。

四角形と段組設定

四角形ツールを使う場面は、ただ四角形の図形を描くだけではなく、ベタ(単色の背景)をつける時や、クリッピングマスクをつけるときにも使います。
四角形ツールは、ライブコーナーを使うことで、角丸四角形(角の丸い四角形)を作ることが出来ます。これをクリッピングマスクに応用すると、写真を角丸にすることが出来ます。
また、カレンダーのような表を作る時に使う段組設定(同じ大きさの四角形を均一に作ってくれる)を使いながらクリッピングマスクをかけることで、写真全てを同じ大きさでトリミングすることも出来ます。
段組設定でスレッドテキストを使えば、簡単に表にテキストをつけることが出来ます。
後日注記:段組設定は僕のもっともよく使う機能かも知れません。仕事に必要なため、毎週のように使っています。特に、行と列の間のサイズに5mmと入れるのがポイント。写真をトリミングする際に、高さが分かっている必要があるため、必須機能です。

シンボル

たくさんの場面でコピーして良く使うオブジェクトは、シンボルに登録しましょう。
シンボルに登録することで、インスタンス(シンボルに登録したオブジェクトのコピー)をいっぺんに編集・変更することができます。
これはとても便利な機能です。
カレンダーなどを作る時、日付の枠のようなものをデコレーションして作ることがあると思いますが、単純にコピーすると、31日分を後で編集・変更することがとても大変になります。
一つをシンボルに登録して、そのインスタンスを31日分配置すれば、簡単に31日分のオブジェクトを編集することができます。
1つの同じオブジェクトをアートボード上にたくさん配置したい時は、シンボル系のツールを使うと便利です。シンボルスプレーツールでは、シンボルに登録したオブジェクトをマウス操作でスプレーのように大量に吹き付けることができます。作成したシンボルセットは、シンボルスクリーンツールなどの他のシンボル系のツールを使うことで、色や透明度などをマウス操作でまとめて変えることができます。

機能の拡張

スクリプト

Illustratorでは、足りない機能を拡張するためにスクリプトを使うことができる。また、単純な処理を自動化するために、自分で.jsや.jsxファイルをJavaScriptなどの言語で書くことで、スクリプトを自由に作ることができる。
Illustrator自体はAdobeのソフトであり、オープンソースではないが、機能の拡張はオープンに行うことができる。ある意味、GIMPなどでも同様のことはできる。Illustrator自体がオープンソースにはならないだろうが、ネットのある今の時代、インターネットから無料でさまざまなスクリプトをダウンロードすることができる。

応用とデザイナーへの道

効果やレイアウトを一通り分かったら、いよいよアートワークを

僕の欠点として、効果やレイアウトなどの基本的な機能は分かっているし、さまざまな機能を使いこなしたりはしているものの、「肝心のオブジェクトの配置と加工が出来ていない」ということが言える。
色んな賢い機能を使っていても、それはただのデコレーションや装飾にすぎない。
きちんとイラレを使うためには、むしろ、もっと単純な機能を上手く使っていかなければならない。四角形ツールや楕円形ツールを使ったり、ペンツールなどを使いながら、アートワークを作っていかなければならない。
だから、これくらいを全て分かったら、「一度初心に戻ってアートワークを配置・加工する」ということをやってほしい。それで、れっきとしたデザイナーの仲間入りである。

絵とイラストの制作

絵が描けないとお悩みのあなたに、最強の「画像トレース」を
絵が綺麗に描けないとか、自信がないとか、描いても綺麗な絵にならなくて悩んでいるとか、お悩みの方にお勧めなのが、最強のツール「画像トレース」です。
画像トレースは、写真や画像の輪郭線をイラレが自動的に認識して、綺麗なパスデータにしてくれます。
写真だけではなく、たとえばキャラクターのイラストのようなものも画像トレースにかけることができます。たとえば、ミニオンズのキャラクターをパスデータにすることが考えられます。

イラレで絵を描く時の二つの王道:ペンツールと図形ツール+効果

イラレで絵やイラストを描く時には、二つの王道があります。それは、ペンツールでベジェ曲線をひとつひとつ描いていく方法と、図形ツールと効果でイラストを作る方法です。
ペンツールを使うのは、もともとはJPGのようなビットマップの画像があって、その上からトレースを行ったり、あるいは自分で現実のラフイラストを描いて、それをスキャナーでスキャンしたりする場合です。
この場合、イラレでフリーハンドでイラストを描いていくのは、プロでも難しい作業です。鉛筆と消しゴムを使ってローカルにイラストを描き、それを取り込んでトレースすると良いでしょう。下絵はネットを検索してGoogleイメージ検索などから参照すると良いでしょう。
また、簡単な四角形をラフに描きたい場合などは、ペンツールは有用ですし、波を綺麗に表現したり、文字を流し込むための基本となるパスを描いたりすることもできます。
もうひとつのやり方は、上の方でも書きましたが、図形ツールと効果を使っていくやり方です。たとえば、動物の顔のようなイラストは、楕円形ツールや四角形ツールを使いながら、パスファインダーで複数の図形を合成したりアンカーポイントやセグメントやハンドルを加工したりすることで、イラストチックな絵が描けます。これは慣れないと難しいですが、イラレで絵を描いているイラストレーターの人たちはこの方法でイラストを描いています。
この場合、たくさんのイラレの効果やフォトショの効果を使うことで、綺麗な仕事を行うことができます。イラレの効果には、パスそのものの変形を行うものが多く、ラフやジグザグがその典型例です。また、ワープ効果を使うことで、なだらかなパスの変形を行うこともできます。フォトショの効果は、よりグラフィックス的な側面が多く、文字に対して雪のかすれた表現を行ったりなどする時に使います。

絵の練習はペイントツールや塗り絵で

絵の練習を行いたい人は、イラレでパスを頑張って引くよりも、ペイント系のツールを使いましょう。僕は、ペイントツールSAIというペイントソフトウェアと、ペンタブレット(マウスの代わりにパソコンと繋がった電子ペンでイラストが描ける)を使いながら、幼児向けの塗り絵の輪郭を引いたり、カラーピッカーを使いながら色を塗ったりして、作業所で仕事の合間にイラストの練習をしています。
また、現実世界でキャンバスに対して絵を描いていくのももちろん有用です。ですが、これは手間と時間がかかる割に、続けることが難しいでしょう。もっと手軽にやりたい方は、「トレーシングペーパー」という透ける紙を使って、たとえばモーツアルト肖像画のようなものを上から鉛筆でなぞっても良いでしょう。これはイラストを制作する、というよりは、西洋絵画の勉強になるでしょう。模写に使う絵は昔から定番になっているレオナルド・ダ・ヴィンチの作品から、「最後の晩餐」などで練習しても良いでしょう。ただ、自分が楽しい、続けられる、と思える方法が一番です。最初のうちはなぞるだけで構いません。何も考えず、ただなぞりましょう。
本当は、絵の練習というのは、技術ではありません。たくさんの絵の輪郭線の書き方を知っている、という意味での、ボキャブラリーや知識なのです。よって、たとえば、くまの輪郭線の描き方を知ればくまが描けるようになるし、ペンギンならペンギン、ヤギならヤギが描けるようになります。新しい絵を描くならば、特徴を良くつかむことです。それだけで、きちんと絵が描けます。絵とは一種の知識なのです。

素材の効果的な使い方

素材は複数コピーしたり、加工して風景にしたりする

素材を使う時に初心者(僕も含む)がやることとして、素材をただポツンとひとつ配置するだけ、ということがあるが、上手いやり方としては、たとえば素材を複数コピーして、一部を小さくして色を変えたり(たとえば赤いもみじの隣に黄色い小さなもみじを配置する)、あるいは風景や景色のように配置してタイトルらしくする、などといったやり方がある。
人間であれば、ものを持たせたりすることもできる。
シャドウや白縁を付ける時は、シャドウや白縁が重ならないように、複数のオブジェクトをグループにした上でシャドウや白縁を付けよう。
回転や拡大縮小だけを使うのではなく、さまざまなやり方が考えられる。透明やクリッピングマスクをかけるのもそうだし、効果でワープのようにすることもできる。
素材のコピーはとても良く使う方法で、シンボルに登録してシンボルスプレーのようなシンボル系のツールを使ったり、あるいはパターンやブラシを作ることもできる。だが、基本はたくさん配置して、見栄えを整えること。それだけで綺麗なデザインを簡単に作れる。透明度を変えたり、ライブカラーで配色を変更したりすることもできる。たとえば、桜の花びらをそのままの形で金箔に変えても良いだろう。この時は、桜の花びらの素材の上から四角形ツールで金箔を作る。ロックなどの機能を上手く使おう。ライブカラーには、スウォッチライブラリのカラーだけを選べる機能もある。金箔にするのであれば、「金属」のスウォッチライブラリに、金や銀のスウォッチがあるので、参照してほしい。
後日注記:素材を散らすのに有効なのが個別に変形のランダム機能。ランダムに小さな大きさにしたり、回転をかけたりすることができる。また散布ブラシなども使える。文字に対する散布ブラシで、文字の輪郭に星を散らしたりできる。

デザインの手法

レイアウトはコピーとガイドを上手く使いこなそう

Illustratorを使う上で、「きちんと分かっているデザイナー」として使えるテクニックは、基本的なものですが、「コピー」と「ガイド」です。
コピーは、たとえば変形効果にはコピー数を指定することができます。これで、ブラシと同じようなことができます。
それから、写真をクリッピングマスクで切り抜いて、元の写真の上に切り抜いた同じ写真をコピーし、その上で後ろの画像に描画モード「乗算」で色をつける、などが考えられます。
綺麗なレイアウトデザインをしたい時に、使えるのは「ガイド」です。四角形からオフセットを取る方法や、定規からドラックしてガイドを引く方法があります。配置を行う前に、要素が何であるかを明確にして、どのようなレイアウトで配置したいかを考え、その上でガイドを引いてオブジェクトをレイアウトに配置しましょう。
そして、コピーとガイドを上手く使った上で、回転や拡大縮小をしたり、フォントを変えたり、色をつけたりします。
基本的には、レイアウトデザインをそのように行って、文字に装飾をつけたり、加工したりするのは、その上で考えます。横組みを縦組みにしたり、絵と文字を上手く適合させたりしながら、「視覚的に分かりやすく、注目をあび、同時に内容を正しく伝えられるようにする」、それがレイアウトの基本です。

「どうすれば綺麗になるか」というビジョン

デザインをやる時に、レイアウトと装飾だけで作ることはできますし、デザインの本に書かれているように、レイアウトを優先順位や伝えたいものに従って作ることもできます。
ですが、芸術として考えた時に、デザインとは「どうすれば綺麗になるか」というものを明確に分かっている状態で行う、「ビジョン」であると思います。
たとえば、名前部分を装飾する時には、ひし形や丸で縁取ることも考えられますし、それをグラデーションやぼかしにしても良いでしょう。テキスト領域には、背景となる四角形の装飾を付けて、シャドウやグラデーションをかけても良いでしょう。
デザインはビジョンです。デザインを考える時に、さまざまなインターネットのサービスを使うことができます。便利なのはグーグル検索やPinterestです。さまざまなデザインを簡単に見つけることができます。
Pinterestは、利用には登録が必要だが、関連するイメージを簡単に見つけたり、ピンをとめたりする機能があり、良いデザインの例を探す時に使いやすい。

イラスト制作のコツ

クリッピングマスクと内側描画

クリッピングマスクは、Illustratorの最も基本的で代表的な機能です。写真のトリミングを行ったり、大きな画像に四角形のクリッピングをかけて背景にしたり、写真の輪郭線に沿ったパスを描いてクリッピングに使うことで切り抜きを行うこともできます。
クリッピングマスクを簡単にできる機能として、「内側描画」があります。これは、選択したオブジェクトの内側に別のオブジェクトを配置することができる機能で、イラストの作成の時に役に立ちます。たとえば、まず輪郭線を描いたオブジェクトを作っておいて、その中に影がかかっている部分だけを暗くしたい時は、パスファインダーやライブペイントを使うこともできますが、内側描画でやると綺麗に影のオブジェクトを輪郭線のオブジェクトの中に入れ込むことができます。テントウムシの模様を描いたりすることもできます。
内側描画はとても便利で、文字をアウトライン化しなくてもテキストの中に画像を入れたりできます。

文字・テキスト

文字をいじる

文字をいじるためには、文字データにアウトラインをかけて、文字をパスに変換します。
パスファインダーなどを有効に使うことで、文字データにパスデータを合体させることが出来ます。
また、アウトラインをかけなくても、テキストに効果をつけることで、文字を上手く加工することも出来ます。
文字を簡単に操作する時は、文字タッチツールを使うこともできます。一見小さな機能に見えて、文字タッチツールはとても便利な機能です。オブジェクトと同じように、文字を拡大したり、回転したり、移動したりすることができます。ぼかしやドロップシャドウの効果と組み合わせることで、とても綺麗な文字を作ることができます。また、変形効果などを組み合わせ、文字にグラデーションなどをかけることで、出来ることは広がっていきます。

文字デザインの注意点

テキストを配置する時は、カーニングの設定を確認しましょう。カーニングを自動にすることで、文字を自動的に詰めてくれるようになります。また、アキをベタにすることで、点や丸を入れる場合に文字をつめてくれます。
綺麗な文字デザインをしたい時は、段落を両端揃えにすることで文字の両脇をきちんと綺麗に整えてくれます。また、字間を調整することで、文字を段落の中に入れ込み、あるいは外に出して、飛び出す部分を少なくすることができます。字詰めのことをカーニング、字間のことをトラッキングと言います。
文字に白縁を付ける場合は、角の形状を丸みを帯びたラウンド結合にしましょう。飛び跳ねのない綺麗な縁にすることができます。
文字にアピアランスでたくさんの線をつけることで、何重にも白縁をつけることができます。ドロップシャドウやぼかしと組み合わせながら、シアーをかけたり、文字タッチツールで文字を躍らせることで、綺麗な文字デザインをすることができます。塗りを楕円形や四角形に変形して文字の背景にしたり、グラデーションをかけたりしても良いでしょう。文字や背景ベタにグラデーションをかける場合は、重力の法則に従い、上の方を薄く、下の方を濃くするのが定石です。
後日注記:たとえば、一つの文字だけが飛び出てしまう場合などに、それが出ないように限界ぎりぎりのところでトラッキングを行ったりすることが考えられる。また、文字の縁は白縁だけではなく黒縁なども考えられるほか、文字の線へのグラデーションで文字を浮き出させる表現などができる。カラーガイドやグラデーション、ぼかしや光彩などの効果なども使える。

Typekitは意外と量が少ないので自分で導入してみよう

Typekitにはさまざまなフォントがあるが、ジャンルで分けて見ると、意外と少ない。
インストールできる量にも余裕があるので、実際にフォントをインストールして、その上で確認してみよう。

Typekitでおすすめのフォント

VDL(視覚デザイン研究所)のフォントはとても多様で使い勝手が良いのでおすすめです。VDL系のフォントを一通り入れると、デザインする時に簡単に使えます。他には漢字タイポスなど。
特に、VDLのペンジェントルやペンレディなどは、和風の手書き文字として使えるので、春の桜の花びらを周りに散らしながら使うと効果的です。
意外と英文フォントにも使えるフォントがあります。Segoe ScriptやSheilaはおすすめです。

テキストにテクスチャ効果をかける

ロゴやタイトルを作りたい時は、「テキストにPhotoshop効果のテクスチャをかける」ことで、綺麗なロゴを作ることができます。たとえば、文字に雪を降らしたりすることができます。
テクスチャだけではなく、たとえばアクセントの花びらをつけるなどすることで、テキストは綺麗に装飾することができます。
インターネットのIllustratorチュートリアルにも、テキストに対してさまざまな効果をかけて加工する記事は多いです。多くの記事が英語ですが、調べてみてください。

フォントが別の環境に無い時は

Illustratorでaiデータを別の環境のIllustratorで開いた時、「フォントがありません」的なダイアログがでることがあります。
どのフォントがないかは、「フォント検索」から確認できます。フォント検索の画面から、どのフォントがどこに使われているかジャンプしてひとつひとつ確認できます。また、アートボード上でもフォントがないことを示すピンクの背景がテキストの部分に表示されます。
Typekitのフォントであれば、フォント検索から簡単にフォントを同期してその環境に入れることもできますが、いつでもこの方法が使えるわけではありません。
こういう時は、フォントがある環境でフォントのアウトラインを取ってテキストをアウトライン化することで、もしフォントがなくてもフォントをふちどりしたアウトラインで同一の見た目を保つことができます。
僕の作業所では、仕事のデータは必ずアウトラインがかかっていないデータとアウトラインをかけたデータを2種類作ります。また、メールに送る時などを考えてjpgで画像を吐き出します。jpgで画像データを書き出すためには「書き出し形式」という機能を使います。

ブラシ・パターンライブラリ

最初から入っているブラシとパターンを、ライブラリから呼び出して使うことが出来ます。筆のようなイラストを書けます。
また、ブラシを使ったり、直線的なパスをブラシに指定することで、さまざまな直線を使うことが出来ます。
色使いが難しい時は、スウォッチライブラリに頼ることも出来ます。さまざまな色使いが既に登録されています。下のオブジェクトを再配色を使っても良いでしょう。
たとえば、オブジェクトを再配色を使って7つの直線的な長い四角形に色をつければ、簡単に虹色のブラシが作れます。この虹色のブラシを使って半円にブラシを適用し、パスに沿った綺麗な虹を作ることができます。
オブジェクトを再配色とスウォッチライブラリを使うことで、たとえば迷彩服の緑、茶、灰色などの色を使ったオブジェクトを簡単に別の色使いに変えたりすることもできます。
後日注記:僕がよく使うスウォッチライブラリは、金属の金・銀や美術史のルネサンスバロックなど。
後日注記:筆のようなブラシは面白い。たとえば新年のあいさつなどに、写真を筆で縁づけるようなことが考えられる。

アートブラシとパターンブラシ

ブラシはいくらかの種類がありますが、ここでは簡単に作って使うことのできるアートブラシとパターンブラシについて書きます。
アートブラシは、ひとつの画像を線の長さに伸縮させて表示します。
パターンブラシは、ひとつの画像を繰り返し、線の長さに対して複数個表示します。
パターンブラシを使う時は、図形の「角」をどのようにするか、という設定をします。角をなしにすることもできます(一番簡単で単純)が、スウォッチに画像を登録することで、角でその画像を表示させることができます。
Tipsとして、ブラシを作る時に「彩色」オプションを設定できます。グレースケール(白黒)で作ったブラシに、その濃淡などに応じて任意の色を付けることができます。
後日注記:特に使うのはパターンブラシ。ただし、細部の設定をきちんとしなければ綺麗にならないこともあるため、僕はあまりブラシに良い思い出がない。

オブジェクトを再配色(ライブカラー)

オブジェクトを再配色(ライブカラー)を使うことで、補色やトライアド・テトラードの色使いを簡単に設定することが出来ます。
トライアドやテトラードとグラデーションを組み合わせることで、虹色のような豊かなグラデーションを実現することも出来ます。
補色や色の組み合わせを効果的に使うことで、見栄えの良いデザインを簡単に作ることも出来ます。
オブジェクトの再配色は、再設定の機能もあって、トライアドやテトラードの関係を保ったままで色使いをさまざまに変えることも出来ます。
色の関係をリンクしたままでさまざまな再配色をすることで、パターンや素材なども、簡単に色使いを変えることが出来ます。
トライアドやテトラードの配色は、カラーガイドパネルからも行うことが出来ます。
オブジェクトを再配色(ライブカラー)とカラーガイドは、僕の一番好きな機能です。簡単に全体の色使いを変えられます。僕は「色使いが上手だ」と良く言われますが、センスがあるわけではなく、オブジェクトを再配色やカラーガイドなどを使って簡単にやっているから、必然的に言われるだけです。
後日注記:オブジェクトを再配色は、関係を保ったままで色を全て変えるためにも使えるが、たとえばさまざまな塗りや線に同じ緑を設定している場合、緑を一括して赤に変えたりすることがあり、特に自分たちで作った背景パターンなどの編集には効果を発揮します。

スポイトとグラフィックスタイル

画面から特定の色を取ってきたい時は、スポイトツールが使えます。設定することで(ボタンをダブルクリックで設定出来る)、アピアランスや効果なども含めてコピーすることが出来ます。簡単に作業効率を上げることが出来ます。
また、グラフィックスタイルに特定のスタイルを登録して適用したり、アクション機能(ある作業を記録して同じ作業を自動化出来る)を使うことも出来ます。全てのファイルに同じ処理を行うバッチ機能もあります。
良く使うアートワークはシンボルに登録することで、全てのインスタンスをいっぺんに編集適用することも出来ます。
後日注記:意外とバッチは使える。Photoshopでjpgをepsに変換する時はバッチ。また、写真全てに白縁をつけるような時は、背面コピーやグラフィックスタイルを多用します。角を丸くするやドロップシャドウとも組み合わせます。

カラーガイド

色使いが難しい、といった時は、カラーガイドを使いましょう。
カラーガイドを使うことで、補色やテトラード、あるいは同一トーン配色など、効果的で美しい色使いを簡単に選ぶことができます。
ライブカラー(オブジェクトを再配色)やスポイト、グラフィックスタイルも効果的に使いましょう。
特に、グラフィックスタイルを使うことで、簡単に同じアピアランスを適用させることができます。これはシンボルと良く似た機能です。
後日注記:カラーガイドは馬鹿みたいに使えますが、CMYKで自分で色使いをすることも忘れないようにしましょう。

パスファインダーの「分割」とライブペイントで自由自在に色を塗る

パスファインダーで最も良く使う機能は「分割」です。パスを境界線が交わった全ての場所でバラバラにしてくれます。
分割を上手く使うことで、オブジェクトに光沢や陰影を表現することができます。二次元のイラストにあるような「光の加減」を表現できます。
文字に分割をかける時は、事前にアウトラインを作成します。アウトラインを作成する時は、必ず元の文字データをアートボードの外側に残しておきましょう。
また、ライブペイントを使うことで、もっと自由に色をつけることができます。ライブペイントは、パスの全ての境界線上で、線と線の内側に出来た範囲に自由に色を塗ることが出来ます。ライブペイントを使うためには、メニューからライブペイントを作成し、ライブペイントツールを使います。
他には、描画モードを使う方法があります。
これらの機能を使うことで、イラストの光の加減や陰影を表現出来るほか、グラデーションだけでは表現できない、複雑な形の色の塗り分けをすることができます。
パスファインダーの分割を使ってアウトライン化された文字データをバラバラにすると、色々と面白い表現ができます。それぞれの色を変えてみたり、切り抜いたりしてみるのも良いでしょう。
後日注記:分割はたまによく使いますが、曲線などを使ってやろうとすると上手く動かないことがあり、こうした時はペンツールで四角形をなぞって拡張することで何とかなることがあります。また、フォントに使う時はアウトライン化が必要なため、元のフォントデータをアートボードの外に必ず作りましょう。自分は良く忘れてCtrl+Zで戻ることもあります。

応用とデザイナーへの道

スウォッチライブラリは使える

どうでも良い情報かもしれませんが、スウォッチライブラリは地味に使えます。たとえば、バロックルネサンス風の色使いをライブラリから使って、あとはグラデーションや効果、線と塗りだけを使った単純なデザインでも、スウォッチライブラリのおかげでとても綺麗なデザインにすることができます。

効果とアピアランス

効果やエンベロープなど

効果やエンベロープなどを使うことで、パスをそのままで表示結果を綺麗に出来ます。特に、ドロップシャドウを付けることが多いかもしれません。
特に使うのは、ぼかし、ドロップシャドウ、光彩などですが、他にもジグザグのようなパスを可愛くしてくれるものや、粒状フィルムのような少しテクスチャ的なものを作ることも出来ます。
また、重くて読み込みに時間のかかるパスや効果のデータは、ラスタライズすることで小さく出来ます。
パスのオフセットを取って、パスの輪郭をつけたいような場合に、オブジェクトの形状変更(コピー)から行うことも出来ますが、アピアランスから効果で行うことも出来ます。角丸長方形ツールやライブコーナーを使う代わりに、「角を丸くする」などの効果をアピアランスからかけることも出来ます。どちらを使うかは場合によります。たとえば文字の輪郭を取るような場合、アウトラインを取ってオブジェクトの変形で行うことも出来ますが、アピアランスから効果でオフセットを取った方が楽です。
エンベロープは、「最前面のオブジェクトで作成」を実行することで、文字をパスのシルエットと同じ形に変形することができます。とても便利な機能です。
Illustratorの基本機能が分かってしまうと、効果を使うのが楽しくなります。たとえば、「ラフ」や「ジグザグ」を四角形に適用することで、少し可愛らしくいじったタイトルのようなものを作ることができます。ほかには、「パンク・膨張」などを上手く使うことで、四角形を少しゆがめて、丸みを帯びたタイトルを作ることができます。
後日注記:Illustratorの効果は、たとえば誕生日の特集のような時に、背景に青のベタを引いて、そこにラフをかけた水色の四角形を引き、それをCtrl+Dでコピーしまくれば簡単な背景にもなります。あるいは、太鼓を作ったりする時に、丸を作ってラフをかければそれっぽくなります。

アピアランスの高度な使い方

アピアランスは、高度な効果を使うことで、オブジェクトをパスによって編集するのと同じぐらいの編集能力を発揮します。
たとえば、テキストオブジェクトに塗りや線を設定して、効果から「楕円形」に変換することで、テキストに簡単な円の丸の背景を作ることができます。
アピアランスで作った効果は、移動をするために「変形」効果を使います。簡単にドラッグでは移動できません。ですが、使いこなすことで、柔軟で効果的なデザインを行うことができます。
後日注記:アピアランスや効果で作ったデザインはスポイトでコピーされるため、簡単に全ての文字に効果を付けたい場合などにも使えます。

アピアランスの優先度

アピアランスには優先度がある。文字なら、まずグループのアピアランス、次に塗りと線のアピアランス、そしてその次にそれぞれの文字の色のアピアランスがある。
優先度を分かっていないと、色を設定したつもりでも、その色が実際には他のアピアランスの下に来てしまって、見えなくなる時がある。
アピアランスの優先度は固定ではなく、並び替えることで変えることが出来る。
僕も、テキストの色の優先度などは適当にやっていたため、他人に教えようとした時に分からなくなってしまうことがあった。
後日注記:基本的に上の方が優先されます(上にあるものから手前に表示される)。クリッピングがかかっているようなアートワークのデータに白縁をつけられない時がありますが、クリッピングパスを背景にコピーすればつけられます。

アピアランスを分割、分割・拡張

ラフなどで作った効果の輪郭は、アピアランスを分割を行うことでパスデータに変換できます。このパスデータをクリッピングマスクなどに使うことができます。
分割・拡張も似たような機能ですが、アピアランスのそれぞれの項目をバラバラにして、アウトラインをかけたようにそれぞれの線データを塗りのオブジェクトのデータにすることができます。
パスのアウトラインも似たような機能です。線(直線)のようなデータを、輪郭を取った四角形のパスに変換することができます。
文字データを扱う時は、フォントが入っていない環境などで開くことを想定して、文字のアウトラインをかけたアウトラインデータを作ります。
後日注記:アピアランスで作った円などは、アピアランスの分割をするとパスデータに変換されます。そのため、カレンダーを作るような時は、アピアランスで塗りを円に変換して、それを分割してやると簡単に日付の後ろに丸をつけられます。
後日注記:ラスタライズも似たような機能ですが、ラスタライズを行うとラスターデータになります。このため、パスの編集などは一切できなくなります。ですが、パスに起因するバグのようなものがプリンターなどにあった場合は、ラスタライズで解決できることがあります。

デザインの秘訣は効果とアピアランスにあり

僕は、デザインが上手くなる秘訣は、効果とアピアランスにあると思っている。特に、「ラフ」や「角を丸くする」のような効果のデザインは、簡単に綺麗なチラシやポスターを使う場合に多用するし、パターンは描画モードと組み合わせて使うことで綺麗なデザインを簡単に作れるようになる。
アピアランスの活用は重要で、ある意味パスのオブジェクトは「平面的に」デザインを作るが、アピアランスの効果は「計算的に」デザインを作る。その違いは重要で、どちらを使えば正解というものではなく、要所要所によって、あるいは自分の今のやりたいように、パスあるいはアピアランスでデザインを作る。パスとアピアランスの両方を使えることが、Illustratorの真骨頂ではないかと思う。
ドロップシャドウをつけるときは、パラメータに注意しよう。少し気にかけて慎重にパラメータを設定するだけで、デザインが段違いに綺麗になる。なるべく、デフォルトの設定を使わないこと。そうしたコツのようなものは、自分は作業所の他の人に教えてもらったり、データを見たりして分かった。他人のやり方を学ぶことが、Illustratorのほとんどだ。

紙の質感(テクスチャ)を再現する

紙の質感を再現したテクスチャは、「ちりめんじわ」効果と「クラッキング」効果と「ぼかし(ガウス)」効果をかけたオブジェクトに、色のついたオブジェクトを不透明度をオーバーレイにして重ねることで再現できます。
また、文字を紙のようなざらざらした文字にするためには、「ラフ」効果とテクスチャをカンバスにした「テクスチャライザー」効果をかけて、不透明度の設定を焼き込みカラーにすることで実現出来ます。
以上のことをする際に、注意すべき点は効果のパラメータです。実際のデザインを見ながらパラメータを変えましょう。Illustratorの肝と言えるのが効果のパラメータです。
紙の質感以外にも、アルミだったり球体だったり、Illustratorで重要な分野となるのが、質感の再現です。時に、グラデーションを「少し位置と角度を変えて階層的に」行ったり、グラデーションメッシュを使ったりします。基本的には「効果」からIllustratorPhotoshopの効果を使います。複数の効果を重ねて使うことも多いです。
後日注記:効果のパラメータはIllustrator最大の難関です。ですが、ここを一通り終えると楽になります。

良く使う効果

良く使う効果は、まず、

効果 説明
ドロップシャドウ とても多用する。オブジェクトに影をつけることができる。
光彩 たまに使う。オブジェクトの内側・外側全体に影やぼかしをつけることができる。
ドロップシャドウと違い、オブジェクトの全体に光のぼかしで描画される。
また、「中心」と「境界線」を変えることで、中心から発する光彩と境界線から発する光彩を切り替えられる。
ぼかし フォントを綺麗にしたりするときに使うことが多いが、パターンなどの背景について使うこともある。
角を丸くする 白縁やシャドウのある写真の枠を綺麗に丸くするのに使う。

などが基本で、あとは綺麗に変形するための、

効果 説明
ラフ 四角形の飾り付けに良く使う。
ジグザグ 四角形の飾り付けに良く使う。
自由変形 タイトルロゴの作成などに使う。

それから、ワープの

効果 説明
アーチ キャプションのテキストに使う。
円弧 アーチと同様。吹き出しを作るために使うこともある。
のれんや川のような表現に使う。

ぐらいではないかと思います。
ほかにも、3Dのべベルとか、テクスチャに使うPhotoshop効果なども使います。
また、ドロップシャドウを使う時のコツとして、普通にX軸とY軸にかけて右下に影をつけるのではなく、上方向に影をつけることで、たとえばお皿にのったお団子など、立体感を際立たせることができます。
後日注記:使えるのはやっぱりドロップシャドウ。ただX軸とY軸に設定するだけではなく、Y軸だけに設定することで浮き上がった表現ができる。またY軸で上につけることで光の表現なども可能。また、ラフやジグザグは色んなところで使えるので覚えておこう。効果円弧を使わなくても円弧ツールというツールもある。

アピアランスを上手く使って、効果とパスを変幻自在に

アピアランスを上手く使いながら、効果とパスを変幻自在に操るのは、イラレの常套手段です。
特に、透明や効果を上手く使いながら、アピアランスをたくさん作る人間が、まさに真のイラレ職人と言えるでしょう。

オブジェクトの加工

パスの自由変形

オブジェクトに影をつける時は、まず、オブジェクトを背面コピーし、パスファインダーから合体させます。この時、アピアランスの効果(たとえば角を丸くするなど)でオブジェクトを作っている場合は、上手く合体出来ないことがあります。その時は、合体させる前にアピアランスを分割でパスデータに変えます。そして、この背面コピーした影用のオブジェクトに、スウォッチで黒の塗りを設定します。このオブジェクトに、「パスの自由変形」効果をかけます。オブジェクトの輪郭が綺麗な影になるように、四角形を変形してください(プレビューは出来ません)。そして、影が出来たら、透明度を少し下げて、ぼかし効果をかけます。これによって、後ろに延びる影を表現できます。
シアーを使うやり方もあるかもしれませんが、パスの自由変形を覚えると、色んなことに応用できます。
アウトライン化したテキストにパスの自由変形をかけることで、文字を個別に、たとえば上部分だけを拡大したりできます。これによって、躍動感のあるロゴを作ることが出来ます。
後日注記:Illustratorの機能の中でもパスの自由変形は面白い効果である。たとえばバーベキューの網を表現したり、屋台の屋根を表現したりすることもできる。

散布ブラシ

散布ブラシは上手く使うことで、とても綺麗な線のデコレーションを表現することができます。
たとえば、文字のアウトラインを取って、その線に星の散布ブラシをパラメーターを上手く調節してつけてやることで、星の輪郭を彩ったタイトル文字を作ることが出来ます。

ブラシと線幅プロファイル

Illustratorで、線を選択した時に、画面上部に出る「ブラシ」の機能の横に、「線幅プロファイル」という機能があります。
線幅プロファイルを設定することで、単純な直線や曲線でも、デザイン性の高い綺麗な線にすることができます。
たとえば、直線ツールで直線を引いた後で、「ジグザグ」効果をかけて波のような曲線にし、それに線幅プロファイルで凸凹のあるプロファイルを設定することで、ただの曲線でも、明らかに美しい曲線に変えることができます。
ブラシを使う時のコツは、「既にあるブラシを、もっと別のブラシに改良することを恐れない」ことです。ブラシをたくさん作って、たくさん改良しましょう。いつか、きちんと綺麗なブラシが作れます。オブジェクトの編集と同じように、ブラシを編集し、再登録し、何度も適用し直してください。
線幅プロファイルは、線幅ツールを使うことで、自分で独自の線幅を作ることもできます。
後日注記:基本的に、大きな線から小さな線へと自然に変わっていくような線幅プロファイルを使うことで、ミュシャのトレースをしたパスなども綺麗にこなせます。スヌーピーをトレースする場合もブラシを使いましょう。

線幅・効果・拡大縮小の注意点

線や効果やパターンを使う時の注意点。
まず、パスがグループ化されておらずバラバラに配置されている場合、白縁やドロップシャドウをつけるとバラバラについてしまう。一緒につけたい場合は、パスをグループ化し、グループに白縁やシャドウをつける。
また、クリッピングマスクが使われている場合、そのままでは白縁を付けることができない。このような場合はクリッピングに使われているパスデータをコピーして背面に貼り付け、それに白縁をつける。グラフィックスタイルを使う場合も同様。
また、パターンを拡大縮小する場合は、拡大・縮小ダイアログからオブジェクトにチェックを外し、パターンにチェックを入れる。パターンを少し上下左右に動かしたい場合は、「~」(チルダ)を押しながらカーソルキーを押すか、移動ダイアログでパターンだけにチェックを入れて移動する。ただし、これらを使った場合、もう一度パターンを設定し直すと設定が消えてしまう。設定を消したくない場合は、効果の中の変形効果を使う。僕はよく変形効果を使っている。拡大縮小や移動だけではなく回転のようなこともでき、特に縞々のパターンは45°回転させると斜めの縞々のパターンになる。
最後に、アートワークを拡大・縮小する場合、アピアランスに線や効果が使われていると、線や効果の幅が変わらず、結果拡大・縮小した時に見た目が崩れることがある。こういう場合は環境設定の「線幅・効果を拡大・縮小する」にチェックを入れる。ただし、実際のデザインの作業では線幅や効果のパラメータを保ったまま拡大・縮小した方が良い場合が多いため、通常はチェックを外しておくことをおすすめする。

Illustrator効果とPhotoshop効果

Photoshop効果

僕が今でも分かっていないものとして、Photoshop効果がある。特に、白黒の濃淡あるテクスチャを、どんな時に使えば良いのか分かっていない。
だが、今日(2018.10.19)教えてもらったこととして、カラーハーフトーンがある。これはアメリカンコミックにあるようなドット(点)による諧調や陰の表現ができるもので、白黒のグラデーションにかけると階調に応じてドットの大きさが変わり、ユニークなドットのテクスチャを作ることができる。カラーのアートワークに使うと、色がバラバラになったような表現になる。これを不透明マスクと一緒に使うことで、写真や文字などを、とってもセンスの良いドットのスタイルにすることができる。
僕は、まだまだ、Illustratorを素の機能の集合としてしか使っていない。もっと応用的な技をどんどん知りたい。たとえば、月の描き方は円を二つ描いてパスファインダーで分割するが、そういうノウハウはネットにいくらでも入門やチュートリアルがある。ネットは怖いが、本当は良い人間ばかり多いから、Facebookなんかをやるよりも、Illustratorの勉強をネットを使って頑張りたいと思っている。
ある意味、イラレ使いが最後に行き着くのは、Photoshop効果です。上手く使うことで、ロゴに雪を降らせたりなど、さまざまな効果をかけて組み合わせることができます。

Illustrator効果はパスの変形、Photoshop効果はテクスチャ

Illustratorには、2つの効果があります。それは、Illustrator効果とPhotoshop効果です。
Illustrator効果は、Illustratorで作ったベジェ曲線のパスに対して、「パスの形状の変形」の効果を行います。シャドウ(影)をつけたり、ぼかしたり(ぼかしの一部はPhotoshop効果にもある)する効果も含まれます。
Photoshop効果は、オブジェクトの色やパターンに対して、「テクスチャ」を作り出します。たとえば、ステンドグラスとか、粒状とか、こする、などの効果があります。上手く使うことで、たとえば文字オブジェクトに対して雪を降らすような応用を行えます。

パスにエフェクトを

パスに効果をかける

Illustratorでは、他のイラストソフトウェアではペンで行うようなエフェクト効果を、パスに効果をかけることで行います。
たとえば、ペンツールで描いた曲線のパスにジグザグ効果をかけることで、ジグザグ曲線を描くことができます。
また、アピアランスを分割を行うことで、効果を純粋なパスに変換できます。これはクリッピングマスクを使う時に便利です。テクスチャ効果は、ラスタライズを行うことで、単純な画像データに変換できます。

効果を複数かける

Illustratorの効果は、複数かけることでより効果的になります。アピアランスをうまく使いながら、効果を複数かけましょう。

パスの自由変形の使いどころ

パスの自由変形を上手く使うことで、たとえば赤と白の縞々を書いた上で台形のように変形すれば、屋台の屋根のようなものが作れます。

グラデーションと透明

パターンやグラデーション、透明度など

塗りを単色ではなく、パターンやグラデーションにすることも出来ます。透明度を設定することで、品のあるデザインに出来ます。
パターンを作ることで、簡単に見栄えの良いデザインを作ることが出来ます。
パターンを編集するために、パターン編集モードを上手く活用しましょう。
グラデーションは、グラデーションツールを使うことで、円形のグラデーションの位置などを動かすことができます。これによって、美しい金属や水の球体を表現できます。

パターン

パターンとは、塗りに設定できる機能で、画像を並べて複数表示することができます。上手く使うことで、簡単なものならチェック柄のようなものを、背景画像として表示させられます。
パターンの編集には、スウォッチに画像をドラッグしても良いですし、パターン編集モードを使うこともできます。パターン編集モードでは、並び順についてレンガや六角形を選べるほか、並べる間隔の比率を設定することができます。
イラストACなどの素材サイトでも、パターン用の素材を多く配布されているため、参考にしてください。
後日注記:僕の行っている作業所では、丸などを使うことで「邪魔にならない背景」をパターンで作っています。グラデーションとパターンと不透明で丸を表示するだけです。これをもみじなどに変えることで、秋のパターン背景を作り出せます。

グラデーション

グラデーションとは、ある色から別の色へと変わっていく色合いを出すことのできる機能。色には透明も設定でき、ある色が徐々に消えていくようなグラデーションをかけることで、水の中に映った映りこみのような表現も出来る。
グラデーションを使うためには、グラデーションパネルのグラデーションスライダーにスウォッチからドラッグ&ドロップしたり、グラデーションスライダーをクリックして新しい色を作り、カラーパネルから設定することができる。スライダーを動かすことで微調整ができ、角度を変えることで別の方向へのグラデーションを設定できる。
また、グラデーションツールを使うことで、ある方向へのドラッグによるより直観的なグラデーションの設定が可能。円形グラデーションではグラデーションの位置を調整できるほか、表示メニューのグラデーションガイドを表示がONになっている時は表示された点線の円でサイズを調整できる。また、円形グラデーションの縦横比はグラデーションパネルから設定できる。
それから、線のグラデーションでは、通常のグラデーションの他に、グラデーションパネルから「パスに沿ってグラデーションを適用」や「パスに交差してグラデーションを適用」ができる。これを使うことで、たとえばグラデーションに七色の虹を設定し、それを線に適用できる。上手く使うことでブラシと同じような方法でグラデーションを使用できる。塗りに対して行いたい時はグラデーションメッシュを使うことで、パスにフィットさせたり、一部のメッシュポイントを移動・変形させてグラデーションをかけることができる。
IllustratorではなくPhotoshopを使うことでさらに柔軟なグラデーションもできる。
後日注記:線のグラデーションをテキストにかけることで、立体的なテキストを表現できます。またIllustratorの最近のバージョンでは、もっと柔軟にグラデーションをかけられるようになっています。

不透明マスク

透明ツールからマスクを設定することで、部分的に画像を透明に出来ます。グラデーションなどをかけることで、段階的に消えていくようなマスクをかけることが出来ます。マスクは、白い部分で画像が見え、黒い部分で画像が消えるようになります。
不自然な写真やイラストの切れ端があった場合に、自然にぼかして消えていくような処理をかけることが出来ます。
イラレの不透明マスクを使って、写真に透明なグラデーションをかける! - Designers' Tips
後日注記:不透明マスクは白黒のグラデーションからもかけることができるほか、白と黒単色の2つの色を使った画像でもかけることができ、Photoshop効果などとも組み合わせることができます。
後日注記:不透明マスクは、通常のクリッピングマスクでは切り抜けないような複雑な図形によるマスクにも使えます。たとえば、図形の中に図形があるようなパスで写真にクリッピングマスクをかけようとすると、グループや複合パスの関係から上手く切り抜けないことがあります。このような時、不透明マスクを使えば、白い部分が残り、黒い部分が消えるような図形を写真の上に重ねることで、マスクでその部分だけを透明にできます。

グラデーションでぼかした円を作る

たとえば、白くぼかした円を透明度100%と白のグラデーションで作ることができます。他の方法として、ぼかし効果を使う方法や、光彩などを使う方法もありますが、グラデーションで行うと、調整がしやすいです。下に記述するグラデーションメッシュや不透明マスクを使う方法もあります。
イラレでオブジェクトを編集する際に、効果やアピアランスを多用する方法ももちろんありますが、複数の複製を前面にコピーして、透明度や白を上手く使って重ね合わせで色を表現することもできます。この時は、アピアランスを使ったり、マスクを使ったり、あるいは描画モードを使うことで、たとえば「写真をパスで切り抜いて、外側の部分だけ色を重ねる」などといった手法が使えます。

グラデーションメッシュ

グラデーションメッシュを使うと、写実的な絵画のような、美しい陰影と立体感があるグラデーションを作ることが出来ます。
イラレの中で最も複雑で難しい機能の1つだと思います。頑張ってマスターすれば、ネットにある素材のようなイラストカットを作るのに役に立ちます。
基本的には、グラデーションメッシュを作成して、メッシュラインとメッシュポイントを変更し、グラデーションの色を付けていきます。
メッシュポイントに色を設定することで、ポイントとポイントが互いに干渉し合う、印象的で立体的なグラデーションを作ることができます。メッシュラインを変えることで、へこみを表現できます。
グラデーションメッシュと不透明マスクを組み合わせて写真に使うことで、写真を徐々にぼかすような効果をつけることもできます。
波型の輪郭をした図形など、単純な図形であれば、グラデーションメッシュを使うことで、「パスにフィットしたグラデーション」をかけることができます。たとえば、クリスマスのデザインなどの場合、長方形のパスにジグザグで波型にしてアピアランスを分割し、その上でグラデーションメッシュを列数・行数ともに1にしてかけ、その上でメッシュポイントを選択して赤と白のグラデーションにしたりすることが考えられます。通常のグラデーションでは波型にフィットしたグラデーションはできませんが、グラデーションメッシュならばできます。その上でぼかしをかけたり、前面のオブジェクトとして英文フォントでクリスマスのタイトルを書くこともできます。元のオブジェクトから波線部分だけをコピーして、パス上文字にしても良いでしょう。
特に、扇形に開いた長方形のように、簡単にグラデーションをかけることが出来ない場合に、グラデーションメッシュを簡単に使って綺麗なグラデーションを作ることができます。扇形の長方形はワープで作り、アピアランスを分割しましょう。
後日注記:グラデーションメッシュは、パスによって直線的にはっきりと色が分かれていない時に、徐々にぼかした色の変化をつけて、濃淡を表現するために使えます。たとえば、イラストでない油絵とかの表現に使えます。また、徐々に色を変えられるため、IT技術のポスターの背景を作る場合などに、サイバー感を出すために黒と青のグラデーションメッシュを使う、などという表現ができます。

描画モード

透明パネルから描画モードを選択することで、透明のかけ方を変えることができます。
たとえば、「乗算」にすることで、背景の色と前面のオブジェクトの色を掛け合わせて、一味違った透明のスタイルを行うことができます。
描画モードは、パターンやアピアランスと組み合わせて使うことで、綺麗な透明がかったパターンの背景などを作ることができます。(ただ、自分でも出来ていません。そうした技術力がほしいです。)
描画モードを知らない方は(僕を含む)、適当なパターンをスウォッチに登録し、アピアランスから塗りを追加して、塗りに適当なパターンを適用し、塗りを追加して、新しい塗りに色を設定し、新しい塗りをパターンの下に移動して、塗りの上にあるパターンに対して透明パネルから「描画モード」を変えてください。パターンの下にある塗りの色が、パターンを透過して「重なって」表示されるようになります。この状態で、描画モードを色々と変えて試してみましょう。

グラデーションとブレンドによる光沢の表現

ブレンドを上手に使うことで、立体感のある光沢を表現できます。
まず背景にベタのオブジェクトを配置し、その上に小さな水玉のようなパスを作成し、ブレンドを作成します。
小さく作ったパスの色と形から、全体のオブジェクトが綺麗な光沢のある背景になります。
また、文字に対してグラデーションをかけ、スライダーでそれを狭い範囲に調節することで、文字オブジェクトに対して光沢を表現できます。
後日注記:ブレンドはあまり使わない機能ですが、オブジェクトをたくさんコピーして自動配置したり、オブジェクトに色を自動で設定したりすることができる便利機能です。

映りこみの表現

映りこみの表現は、リフレクトしてコピーしたオブジェクトの上に、透明と白を設定したグラデーションをかけることなどで作ることができます。
この白と透明のグラデーションをスウォッチに登録した上で、オブジェクトをリフレクトコピーし、アピアランスから新しい塗りを長方形に変換して、長方形の色にこのスウォッチを適用するようにしても良いでしょう。

グラデーションは重ね技

グラデーションは、透明を上手く使いながら、重ね合わせることで真価を発揮します。描画モードなども上手く使いながら、色と色を重ね合わせて新しい色を作ります。
パターンが徐々に消えていく表現をするためには、不透明マスクを使うか、白と透明のグラデーションを上からかける、という方法もあります。
また、グラデーションメッシュは使いこなせると良いでしょう。縦と横の値をそんなに増やしすぎず、少ないメッシュで色を分けることで、綺麗なパスに沿ったグラデーションを作れます。

写真

写真デザインの注意点

写真を拡大・縮小する時は、縦横比が変わらないようにしましょう。Shiftキーを押しながら拡大・縮小することで、縦横比を維持したまま写真の大きさを変えられます。
写真に白縁を線でつけている場合は、環境設定の「線幅・効果も拡大・縮小する」にチェックが入っているかを確認しましょう。チェックが入っていると、線幅が変わってしまいます。
写真は、出来るだけ埋め込みではなくリンクで配置するようにしましょう。埋め込みにすると、ファイルサイズが大きくなります。写真を配置する前に、Photoshopで写真をepsデータにしてください。特に、写真の解像度を大きくし、印刷媒体の時はモードをCMYKにしましょう。写真のサイズ以上に写真を拡大すると、写真が荒くなります。出来るだけ、配置して使う時よりも大きなサイズの写真を使うようにしましょう。埋め込みとリンクの設定や写真の拡大比率などは、リンクパネルから確認することが出来ます。
写真を一部だけ拡大して同じ大きさにするなど、拡大と同時にトリミングをしたい場合は、クリッピングマスクを使いましょう。四角形で切り抜くだけではなく、角丸四角形や円で写真を切り抜くこともできます。回転と組み合わせることで、写真に動きを付けることが出来ます。ドロップシャドウを付ける時は、クリッピングマスクと同じ大きさの四角形を背面コピーで作り、それにシャドウをつけてグループ化してください。
写真に対して「ぼかし(ガウス)」効果をつけることで、実名や顔写真など、外部には見せたくないデータにぼかしをかけることが出来ます。写真だけではなく、文字の場合も同様です。
写真にクリッピングマスクをかけながら白縁とシャドウを付けたい時は、クリッピングのパスを背面コピーし、そのパスに白縁とシャドウをつけます(クリッピングマスク自体には白縁をつけることが出来ない。)インターネットで取ってきた素材などでは、クリッピングのせいで白縁が付けられない時があります。その時は、クリッピングになっている部分のパスを背面コピーすれば付けられます。また、クリッピングにこの方式で白縁とシャドウを付けている時に、全部の写真を小さくしたい時は、まずダイレクト選択ツール(白矢印)で全ての写真を選択してロックをかけ、その後にダイレクト選択ツールで写真の下のアンカーポイントをShiftを押しながら全ての写真について選択し、その上で「個別に変形」から、基準点を「真ん中上」にして拡大・縮小します。基準点を設定することで、上の位置を変えずに下の境界だけを小さくすることが出来ます。
後日注記:環境設定の「線幅・効果も拡大・縮小する」のチェックは、白縁を変える時は外す方が望ましいですが、素材などのアートワークそのものを拡大・縮小する時はチェックした方が望ましいこともあります。注意しましょう。また、写真の大きさが元の写真よりも巨大になっていないかどうかはリンクパネルで確認できますが、サイズが200%などとなっている時は電卓などを上手く使って解像度とサイズを変更することが望ましいです。(epsを作っていた場合は、もう一度jpgから作り直して、補正も再度かける。)

画像トレース(ライブトレース)

プロが良く使う機能のひとつが、画像トレース(ライブトレース)である。JPGやPNGなどの写真データを、Illustratorのパスにトレースすることができる。作ったパスは、変形できるほか、効果によってたとえば油絵のようにしたり、色鉛筆で描いたような画像にしたりすることができる。
僕は画像トレースをあまり使いこなせていないが、僕の周りにいるみんなは良く使っている。タイトルや背景を作ったりする時に効果的に使うと綺麗なイラストチックなデザインができるだろう。

写真のフレーミングとトリミング

デザイナーとしてデザインする時に注意したいのが、フレーミングとトリミングである。
写真をどのように拡大縮小・切り取りしたり、位置やサイズをどのように決めるのか、ということが、デザイナーとして求められる。
仕事によっても違うし色んなやり方があると思うが、僕が作業所でやっている「毎月の通信」では以下のようなルールが決まっている。
1.人物のサイズを大きくする。
2.複数の写真で、人物のサイズを揃える(人物が大きすぎる写真や小さすぎる写真が出ないようにする)。
3.一人が写っている写真は小さくし、複数の人が写っている写真は大きくする。
4.レイアウトを綺麗にするために、それぞれの写真の大きさと拡大率を調整する。料理の写真などのように工程がある場合にはできないが、工程の順番が関係しない写真では、順番を入れ替えたりしても良い場合がある。
そして、毎回の仕事でたくさんの指示が出ます。その指示に従いながら紙面を作ります。
主な順番としては、まずオフセットと段組設定を行ってクリッピングマスクでトリミングします。そして、写真の配置とフレーミング、大きさと拡大率の調整、白縁とシャドウ・回転を付加します。できるだけ人物を大きくします。そして、四角形だけではなく、角丸四角形や正円の形にトリミングし、いくつかの写真は切り抜きます。そして、背景とタイトルをデコレーションし、グループごとに位置を調整し(別々のグループには境界の余白を入れる)、あとはテキスト(吹き出しを使うこともある)や装飾用のイラストなどを配置します。また、並行して写真補正も行います。
また、たとえば「こんなイラストを入れてほしい」などの指示があった場合にはそれに従います。完成したら文字校正を行います。スタッフの方にもチェックしてもらいます。
フレーミングとレイアウトは、横長の写真や縦長の写真などが必然的に生まれ、それを必要な枠の中に収めていく、まるでパズルのような作業です。通信の制作でももっとも時間のかかる作業で、フレーミングとレイアウトが終わってしまえば、あとは飾り付けるだけで何とか作成できます。

写真の配置のコツ

写真の配置のコツは、段組設定で等幅の四角形を作って、その四角形をクリッピングをかける前に写真に応じてサイズや縦横比を修正し、それを後で全体を見ながら調整すれば、綺麗にたくさんの写真を配置できる。これが分かると、たくさんの写真のレイアウトとデザインが素早く簡単にできるようになる。
後日注記:実際のところ縦幅だけが重要なので、縦幅だけを揃えて後は適当にサイズを調節すれば僕は仕事ができます。また、四角形でトリミングした後で「角を丸くする」効果を使えば簡単に角丸を実現できて便利です。

僕は切り抜き職人

僕は写真をパスを引いて切り抜くのが得意です。作業所の指導員の方からは「切り抜き職人になれる」と言われています。
写真をパスで切り抜く時のコツは、白い境界線がでないようできるだけ内側に線を引くこと、そして作り終えた後でカーソルキーやダイレクト選択ツールを用いて修正することです。また、ペンツールのコツは「最初から綺麗になるように引く」ことです。これは、「綺麗な曲線にならない時は必ずアンカーポイントの間隔とハンドルの向きを調節して綺麗にする」ということです。
最近のPhotoshopの機能を使えば、パスで切り抜かなくてもほとんど自動で切り抜いてくれる機能もありますが、僕の作業所はあえてパスで切り抜いています。

簡単な説明

デザインソフトウェア

  • デザイン
    • デザイン
      • Adobe Illustrator
        • パスに対して塗りと線を設定する
        • イラストの作成、トレース
        • ベジェ曲線、ペンツール
        • DTP
        • パターン、透明、ブラシ、効果、グラデーション、メッシュ
        • アピアランス
        • 文字組み
        • 切り抜き
      • Adobe Dreamweaver
      • Adobe Premiere
      • Inkscape
      • PostScript
        • PostScriptプリンター
          • プリンタにある程度のプログラム解釈能力をつける
        • GhostScript
          • オープンソースでPostScriptファイルが操作できる
          • gsコマンドでいろいろできる
      • PDF