わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

聖書の言葉

さあ、何からはじめようか

さあ、はじめようか。
何からはじめようか、僕は当たり前のことを問いただす。
そして、僕は言う。
「今のままで良い。
なぜなら、今はもう、終わりだからである。
この世界はもう、既に終わった。
なぜなら、ここに僕が居るからである。」

われはユダヤである

そう、この世界に宣言しよう。
「われはユダヤである」。
わたしこそ、ユダヤ人の王、
全てを司る万軍の主、
全知全能の天空と歴史の支配者、
まさに神である。

聖書の言葉

聖書とキリストの言葉をここに掲載しよう。

幸いなものたち

“心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。
悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。
柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。
義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。
あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。
心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。
平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。
義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。
わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。
喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、人々はそのように迫害したのです。
あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。
あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。
また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。
このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。”―マタイの福音書 第5章 イエス・キリスト

復讐してはならない

“『目には目で、歯には歯で』と言われたのを、あなたがたは聞いています。
しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。
あなたを告訴して下着を取ろうとする者には、上着もやりなさい。
あなたに一ミリオン行けと強いるような者とは、いっしょに二ミリオン行きなさい。
求める者には与え、借りようとする者は断らないようにしなさい。
『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め』と言われたのを、あなたがたは聞いています。
しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。
それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。
自分を愛してくれる者を愛したからといって、何の報いが受けられるでしょう。取税人でも、同じことをしているではありませんか。
また、自分の兄弟にだけあいさつしたからといって、どれだけまさったことをしたのでしょう。異邦人でも同じことをするではありませんか。
だから、あなたがたは、天の父が完全なように、完全でありなさい。”―マタイの福音書 第5章 イエス・キリスト

天に蓄えよ

“自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。
自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。”―マタイの福音書 第6章 イエス・キリスト

狭い門こそ正しい門

“狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。
いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。”―マタイの福音書 第7章 イエス・キリスト

われらのもっとも小さな兄弟

“まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。”―マタイの福音書 第25章 イエス・キリスト

全ては言葉から生まれた

“初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
この方は、初めに神とともにおられた。
すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。
神から遣わされたヨハネという人が現れた。”―ヨハネ福音書 第1章

じっくりと考えて言え

“愚かな者は、じっくりと考えることをしない。
自分の感情的な思いを言いふらすばかりだ。
彼らは知恵はない。
彼らは、人の言うことをよく聞きもしないで返事をする。
愚かな者の言うことは、
争い、不和、悲しみ、苦しみを呼び寄せる。
彼らは怠け、結局は滅びを招く。
人生は、自分が何をどう言うかによって支配されるものだ。
人生の果実とは、自分の唇が育ててきたものだ。”―格言の書 第18章