ドイツ

僕はベルリンの壁崩壊と同時期に生まれた

僕がドイツと関係があるかもしれないこととして、僕はベルリンの壁崩壊とドイツ再統一と同じ時期に生まれました。
当時、世界はソ連ペレストロイカを行い、ソ連崩壊(これも僕が生まれたのと同時期)とともに東ドイツがなくなって、西ドイツと併合・再統一される、そうした「激動の時代」でした。
ですが、僕は幼少期に特にドイツのニュースをたくさん見たわけではありません。
当時はアメリカの繁栄期であり、僕が幼少期に見たアニメも、ディズニーなどのアメリカのアニメや、ドラえもんなどが中心でした。
また、当時は昭和から平成に変わる時代の転換期でもあり、僕は平成という時代を全て見て育ちました。
当時の日本には、「アメリカ的な自由の正論」というものが覆いかぶさっていた、そんな時代ではないかと思います。自由な権利を許し、競争することで、いつまでも世界は進歩していける、科学と技術の力で何でもできる、そういう時代だったと思います。そして、少なからず、僕もそうした「自由な正論の旗手」だったように思います。
平成という時代は、荒んだデフレ時代だったと安倍首相は言いますが、僕はそうでもないと思います。平和で、荒くれたように見える中にも、背後にはみんなのことを愛する巨大な愛があったように思います。令和の時代になって、何も変わることはないかもしれませんが、戦争だけはあるべきでないと僕は思います。

ドイツと日本はともに戦後の奇跡の経済成長をした

また、ドイツと日本は、ともに、戦後、奇跡の経済成長をしました。
まず、東西に分かれたドイツのうち、西ドイツは、「ナチの反省」を強いられ、徹底的な分権主義と人種差別の行為を禁止することで、ヒトラーのような独裁者が今後、絶対に出てこないようにしました。
日本も同様に、アメリカから平和憲法を押し付けられ、「絶対に戦争をしない」という約束になりました。
日本とドイツは、戦後、何もないところから奇跡の経済成長をしました。それは、両国民の「未来に対する強い危機感と奉仕の気持ち」がありました。ドイツでも、日本でも、戦時中に開発した軍事技術や交通技術を、民間かつ平和的に、大量生産して「たくさん作ってたくさん売る」ことで、戦後、奇跡の成長を成し遂げたのです。
僕は、これは、「独りの独裁者に従うのではなく、みんなで頑張って自分の力で考える」という、ある種啓蒙主義に近いものではないかと思います。彼らは、帝王だけに従い、帝王は独りだけで決めるのではなく、みんなで考えて、みんなの力で「こうしたらどうか」といったことを考え、実践したのです。SONYや松下の成功は、模倣品を作って改良し、大量生産して輸出する、というだけではなく、みんなで戦後、乗り切るために必死になって、努力し、考えたことで生み出された、「現代の希望」ではなかったかと思います。
後日注記:ドイツでは「ハイル」と言ってナチの敬礼をすると逮捕されます。学校では掌をパーにせず指差す形で手を上げます。それくらい、ナチズムに対して敏感であり、高等教育の歴史の授業では、第二次世界大戦の過ちを徹底的に反省します。今のドイツはナチズムの克服よりも東と西の経済格差が問題で、東ドイツの人々は「全てが良くなるように確信していたが、実際は悪くなった」と嘆いています。東ドイツは西ドイツに比べて遅れていると同時に、強制的な西化追従政策によってアイデンティティを失っており、「二級市民であると感じる」と言う人が増えています。東ドイツだけではなく、ポーランドハンガリーのような旧東側諸国でも、西側諸国への追従(特にEU)に批判的な「新しい極右勢力」が増えています。そして、EU組織の問題もあり、ギリシャ財政破綻に対して何もできなかったメルケル首相は「能無し」であると批判されています。一部の極右がいないわけではなく、そうしたレイシストメルケルを「イスラム教徒の味方」などといって批判します。ですが、僕はメルケル首相はよくやっており、ヨーロッパではプーチンに次ぐ賢い政治家ではないかと思っています。

ドイツ概要

以下の内容は何も知らない自分が書いたので嘘があるかもしれません。特に、ドイツの現代のマイスター制度は相撲部屋のように寝食をともにするものではないと思います。
また、アメリカはいたって愚かな国である。
なぜなら、富が100あったとして、その99%をひとりの金持ちが独占してしまえば、残りは1%であり、これでは、最初から富が1しか存在しないのと同じだからである。
逆に、中国は全部の富が100あったとしても、人口がその100倍居るとしよう。このような中で、ひとりに分配されるのは、たとえ再分配されるとしても、ゼロに限りなく近い。
そう、アメリカや中国は、間違った経済システムを築いている。
僕は、抜本的にこの経済システムを変えていく。日本において、「本当に正しい経済モデル」を築いてみせる。
そう、必要なのは「金」でも「豊かさ」でもなく、「国としての品質」すなわち「クオリティ」である。富がそんなにたくさんあることが、第一の命題となる国は二流国家である。本当に必要なのは、スウェーデンノルウェーのような国がやっている「暮らしやすさ」ではないか。僕はスウェーデンを見本とし、民主主義でも社会主義でもない、「本当に暮らしやすい国とは何なのか」を考えた上での経済政策を行う。
ある意味、僕はもっとも正しいのはドイツではないかと確信している。ドイツを模倣すれば、必ず素晴らしい国になるだろう。アメリカや中国に経済規模で勝とうとするのは、もう古い。今からはドイツや北欧の、福祉国家、暮らしやすい経済だ。
ドイツの良い点は、幼児・児童向けの教育である。特に、12歳ぐらいの段階で、オリエンテーション期間と呼ばれる「自由時間」を作り、その中で自分なりに自分の進みたい進路を、子供と先生ら大人が良く観察し、話し合って決める。その上で、大学やギムナジウムのような高等教育に進むのか、あるいは専門学校や職業学校に進むのかを自分の意志できちんと決める。あるいは、マイスター制度といって、親方による師弟制度の道に進むこともできて、工業や職人の職業はマイスター資格が必ず必要となる。大学の授業料も無料あるいは大幅に援助している。その上で、高い税金は取るが、近代国家と世界一の技術力を堅持し、ナチの反省から徹底的な「反独裁主義」の分権主義を行い、東ドイツ地域を半ば強制的ではあるが西ドイツ地域と同等程度まで社会レベルを高めようとしている。その上で、キリストの愛を引き継ぎながら、新しいポピュラー文化をたくさん育て、同時に近代的な「もっともレベルの高い科学文化教育」をしている。日本はドイツに見習うべきである。
マイスター制度は一見馬鹿な親方制度に見えて、若者と親方が寝食を一緒にしながら、技術だけではなく人生に必要なさまざまなことを学べるという長所がある。そうした結果、ドイツは今でも世界で有数の科学技術国家になっている。また、ドイツの大学は基礎研究が得意で、どこの大学よりもつまらない基礎を重視する。これには、権威の大切さと、かつてのドイツ人の偉人たちが基礎研究をおろそかにせず、「権威のある文献」をたくさん遺してきたという「遺産の価値」がある。
後日注記:オリエンテーション期間は正確には完全な自由期間ではなく、学校に通いながら先生とよく相談しともに観察することで自分のやりたいことが何であるかを見つけ出そうというもの。完全な不登校の期間ではない。また、ドイツのマイスター制度は親方制度というよりも一種の技能試験であり、この技能の習得を多くの人々の関与や経験・ノウハウから学び習得することで、ドイツの「層の厚い技術大国」という地位を確立している。医療体制も充実しているし、高度な科学技術に精通する博士や技師も多くレベルも高い。
後日注記:また、ドイツは環境やエコへの意識が高いことでも知られている。たとえばビニール製のレジ袋は以前から有料であり、布製のエコバックを使用するのが当たり前で、オシャレなエコバックが普及している。またエコへの取り組みを企業がパンフレットなどで配布し、自分がその企業を支持するかどうかを決めるなどの取り組みもされている。

ドイツ史

ドイツ史

歴史。
ドイツは、古代・中世は、ゲルマン人フランク王国
東フランク王国神聖ローマ帝国だった。
ブランデンブルク選帝侯国によって、プロイセンが成立した。
近世では、ナポレオンの配下になり、
その後、自由と統一を目指して、ドイツ帝国が成立した。
第一次世界大戦で、ドイツは敗北した。
多額の賠償金を背負う中、民主主義の左派のヴァイマル共和国になった。
それが、戦争で体制打破を訴える、ナチス・ドイツとなった。
ナチは、ユダヤ人を虐殺し、戦争した。
第二次世界大戦で、枢軸国は、最初、フランスなどを含む周辺の地域にいくらか勝った。
しかし、ソ連との総力戦で、ドイツは敗北した。
東ドイツと西ドイツに分かれ、ソ連アメリカの配下で、
もっとも東側の国と、もっとも西側の国として戦った。
ソ連消滅と同時期に、東ドイツは無くなった。
ドイツは再統一し、今では、経済格差やナチズムを克服している。

もっとも正しいキリスト教の右翼

歴史的に見ると、ドイツは「もっとも正しいキリスト教の右翼」です。
神聖ローマ帝国は、名前に「ローマ帝国」を継承していることもあり、正しいカトリックの自由な帝国でした。
それが、マルティン・ルターなどの登場もあって、プロテスタントという新しいキリスト教の宗派を作り出しました。
ドイツでは、今でもキリスト教民主同盟という「正しいキリスト教の政党」が勝っています。それに対抗するのは社会民主党です。キリスト教の民主主義か、それとも左翼か、という、「どちらにせよ平等な弱者を救う政党」ですが、それは表向きで、実際には極右勢力の台頭や独裁的・全体主義的な権力の「断行する政治」もあり、今でも余談の許さない、何が起きるか分からない国です。

現代でも読み継がれる偉人たちの国

また、昔のドイツには賢い人間が多かったです。たとえば音楽の父バッハや文豪ゲーテのように、「ヨーロッパでそこまで評価される賢い偉人が多かった」ということが言えます。
カントやヘーゲルの時代には、プロイセンという国がありましたが、これはヘーゲルが見ると「最後にいきつく完成された絶対主義国家」として、「歴史の終わり」のような位置づけでした。そこまで賢い国だったのです。
ナポレオンやデカルトこそフランス人ですが、ドイツは賢い偉人と文献が多く、多くの人が真面目です。それは、ドイツという国が「賢い人間になれる国」だからではないかと思います。ドイツを見ていると、すべてが良く考えられていて、理想的です。アメリカのように儲かる国ではないかもしれませんが、歴史上の全てを経験し、その上で到達した「最高の国家制度」ではないかと思います。

現代ドイツ史

ドイツは、第一次世界大戦で敗北し、多額の賠償金を背負って、ナチス・ドイツとなってヒトラーが独裁者となって、また負けて、東西ドイツに分断された、まさに「最悪の現代史」を歩みました。
ですが、戦後に自動車産業などで奇跡の復活を遂げ、日本とともに「不死鳥のように蘇った国」になります。
ドイツがなぜ息の根を吹き返すことができたのか、それは難しい問題です。ですが、「全て失って、それでも滅亡しなかった」という「奇跡」と、「20世紀の全てを経験した歴史」は、僕は地球に残る「最大の国だった」と言えると思います。

西ドイツと東ドイツ

ナチス・ドイツの敗戦の後に待っていたのは、東ドイツと西ドイツの分断でした。
西ドイツは、自動車などで経済を持ち直し、「奇跡の復活」を遂げたことが言われますが、問題は東ドイツです。SEDドイツ社会主義統一党)の下で、ソ連との連帯のもと、まさに「最悪のドイツ」を経験したのです。
東ドイツには、満足にものがなく、社会主義の洗脳政策を行うという「ソ連の衛星国」としての特徴と、もうひとつ、「同じドイツ民族と戦う」という「ドイツ分裂」という特徴があります。
ですが、ベルリンの壁は昭和が平成に変わるのと同じ時期に無くなり、東ドイツは西ドイツに吸収されました。
しかしながら、ここで「経済格差」の問題があります。西ドイツに比べて、東ドイツははるかに遅れていて、また西ドイツ市民から「二級市民のような扱いをされる」ことがしばしばあり、最近では「オスタルギー」(ドイツ語で東+懐古)という運動があり、「もう一度壁を作れ」と言っている市民が居るのです。西ドイツになったからといって、満足のいく生活ができると夢を見ていたが、結局は裏切られ、いつまでも東ドイツは東のまま、あるいはむしろ東のままの方が良かった、というのです。

EUとドイツ

さて、現在のドイツは、EUの中でも左派的で穏健的な政策を取りますが、「EUの盟主」のようになっている一方、イギリスやフランスの極右政治家と同様に、EUや移民を排斥する極右勢力が居ます。
ですが、ドイツの違うところは、「まさにナチの本家本元」であるということ。そのため、ナチの敬礼をしたりすることは、法律で禁じられており、市民の間でもタブー視されることが多い一方で、「本当のネオナチ」がたくさんいます。実際のところ、ナチのマークがいたるところにみられ、まるで「テロや革命の代わりにナチ発言をする」といった具合になっています。

ドイツ語

ドイツ語とは何であるか。
ドイツ語は、ドイツやオーストリア、スイスなどで話される、ヨーロッパのゲルマン諸語の言語です。
日本人から見た時に特徴として言えるのは、「論理的な言語」「文法などが古いスタイル」「日本語とよく似ている」「英語の源流となった」「哲学や文学だけではなく、自然科学や医学などの文献が多い」と言えます。
まず、論理的な言語という点。ドイツ語はとても論理的な文法や語彙が多いです。「完全に厳密に、数学のように理性的に考える」というところがあり、また、日本語と同じように格があるなど「昔の言語のスタイルをしている」というところがあり、冠詞と前置詞の結合や格支配、あるいは話す順番が自由であったり、二番目の言葉で意味が決まり、動詞を最後につけることも多いなど、「日本語とよく似ている」というのがあります。
ドイツ語の影響は、単にドイツやオーストリアなどのドイツ語圏だけではありません。英語やオランダ語など、多くのゲルマン系の言語の源流となっているからです。
そのため、英語がどのような考え方で生まれたのかという「英語の源流」を探っていく上で、ドイツ語は習得するために良い選択肢です。
また、ドイツ語がフランス語や英語やスペイン語のように「多くの人に話されているわけではない」というのにも関わらず、大学でドイツ語を(特に理系の学生に対して)教えるのが標準化しているのは、「文献が多い」からです。ドイツ語には、古典と呼ばれる文献が多いです。哲学ならカントやヘーゲル、文学ならゲーテですが、他にも数学や自然科学では、ガウスアインシュタインなど多くの科学者がドイツ語で話します。また、医学では今でもカルテにドイツ語を使うことが一般的であるなど、医学的な分野でも普及している言語です。他には、バイオリンなどの音楽でも、ドイツ語の「エー線、アー線、デー線、ゲー線」のようなアルファベットが使われます。宗教などにおいてもドイツ語が分かっているとルター訳の聖書が読めます。

ドイツは長く短いスパンで変わりながら新しく生まれ変わっていく

僕が思うに、ドイツの政治は「長く短いスパンで変わりながら、新しく生まれ変わって進歩していく」ということが言えると思います。
古くは中世の分裂国家にさかのぼり、絶対主義のプロイセンを経験したかと思えば、ナポレオンの支配下になり、ドイツの統一を勝ち取り、第一次世界大戦で負けたかと思えば、もっとも民主的なワイマール憲法を作って戦後左翼をやってみたり、賠償金がどうしようもなくなって戦争と反ユダヤ主義ヒトラー政権になったかと思えば、また戦争を起こしてまた負け、東と西に分かれたかと思えば、自ら発明した自動車を主力産業にして立て直し、ベルリンの壁を壊して再統一、EUになったかと思えば今のコロナショックです。
また、ドイツにはその時代その時代に色んな偉人が居ます。たとえばバッハやゲーテなどが言えますが、古くは宗教改革マルティン・ルターが言えるでしょう。ドイツ人ではありませんがイエス・キリストはほとんどドイツの神です。
そういうわけで、ドイツは長く短いスパンでどんどん変わります。ころころと変わっているように見えて、着実に新しくなって進歩しています。「地球の中で唯一違う地域」であるとも言えるでしょう。

コンピュータと自動車を生んだ国

また、ドイツは最初の計算機(コンピュータ)と、ガソリン式の自動車を発明したことで知られます。特に、自動車はヒトラーによってフォルクスワーゲン(国民車という意味)に作らされました。
ヒトラーはポルシェ博士に命じて、フォルクスワーゲンにビートルを作らせました。ビートルは屋根の開いたオープンカーでしたが、これはまだ自動車にクーラーをつけることが無く、暑かったからです。
ヒトラーは政治家としては悪人でしたが、機械の発明では良い功績をあげたと言えます。ただし、必ずしも良い貢献だけではなく、とても多くの強大な軍事兵器を作りました。ミサイルがその一例です。

ドイツが自動車を作るのは、外貨を得て軍事力を高めるため

ドイツを「自動車を発明した素晴らしい国」だと言う人は多いですが、実際のところ、自動車を作っているのは、外貨を得て軍需産業の自動車を作ることで、軍事力を高めたいからです。
ドイツ車は、ワニのような攻撃的なデザインをしていますが、それは全て、兵器を作りたいからです。
ドイツが欲しいのは、技術ではなく、金と力です。ドイツは自動車を作ることで、他の国に勝る金と力を得たいのです。
また、ヒトラーが自動車を作らせた理由は、ドイツ以外の全ての国が兵器を作ることで、勝手に死んでいくようにしたかったのです。ドイツは多額の賠償金をもってして他の国に勝利するため、戦争だけではなく、あらゆる手段を使って勝とうとしました。アメリカ・ソ連・日本・ユダヤなど、全てを独りだけで騙したのです。

ドイツの教育は日本も参考にすべき

僕が思うに、ドイツの教育は本当に賢い。特に、オリエンテーション期間を設けるとか、大学の授業料が無料など、日本も見習った方が良い点がたくさんある。
こうした、教育や研究におけるヨーロッパの先進性というのは本当にあって、フィンランドなどは教育レベルが高いとよく言われている。
教育ではないが、スウェーデンなどでは税金が高い代わり福祉政策が大きく行われており、「ものは高いが暮らしやすい」と言われている。

ホームドクター新型コロナウイルス

新型コロナウイルス関連のニュースで知ったことだが、ドイツの低い致死率に関して言えることとして、ドイツには「ホームドクター」という制度がある。
これは「患者ひとりひとりに対して、かかりつけ医があらかじめ決まっていて、病気になったかもしれないと思ったら必ずそのかかりつけ医に相談する」というもの。
相談は対面だけでなく電話やメールでも行うことができ、ドイツの医療崩壊が寸前で止められていることに繋がっている。ホームドクターは患者に対してカルテを持っており、すぐに診断ができるし、ほとんどの相談は症状が軽かったり風邪やインフルエンザなどの他の感染症だったりすることから電話で終わる。症状があっても自宅で隔離することができる。これが「病院に大量の患者が来て重症化し死んでいく」ということへのひとつの対策になっている。医者の正しい指示に従って、「1.5メートル間隔をあけて人々と話す」などといった「義務の徹底」に繋がっている。
また、ドイツは突出して検査の数が多い。たくさんの検査を行うことで、今新型コロナウイルスがどれくらい広まっているかを確認し、早い段階でデータを把握できる。早い段階でデータを出し、検査を行い、対策をしてきたから死亡者数が少ないのではないかとドイツ人のコメンテーターが言っていた。また、ベッド数も多く、どんどん増やしている。
これに対して悲惨なのがアメリカ。国民皆保険制度であるオバマケアをトランプが見直したことで、初診だけで多額の自己負担金がかかり、我慢して他の人にうつしてしまうなどが懸念されている。トランプ大統領に対して支持する人も批判する人も多いアメリカでは、「親トランプ・反トランプ」だけで意見が決まってしまい、きちんとした制度や対策に繋がっていない。共和党は楽観的、民主党は悲観的と分かれている。
また、感染者も死亡率も高いイタリアについては、高齢化の問題がある。世界で第二位の高齢化社会であるイタリアでは、高齢者が多く住む地域に新型コロナウイルスがかかってしまい、また医療体制も充実していないため医療崩壊が起きてしまい、結果多くの高齢者に感染を広げてしまって、高い致死率となっている。
日本については、他の先進国に比べて公表されている感染者数が極度に少ないため「数字隠しではないか」と言われるが、重症患者や死亡患者も少ない。そのため、数字は隠していない(隠していればもっと死亡者数は増えるはずだ)という意見が言われている。僕が思うに、日本では重症化して死ぬケースを重要視するため、死ぬ人間ができるだけ少なくなるようにしているのではないか(死亡者数が少ないだけで軽症の感染者数は多いのではないか)などと思う。
しかしながらドイツはまさに医療大国ということもあって、人工呼吸器などの設備も整っている(日本で使われる人工呼吸器のほとんどはドイツ製)。日本もドイツを見習わなければいけないだろう。

文化

料理

ドイツには料理が少ないと言われるが、ドイツの料理というとソーセージ(フランクフルトなど)やジャーマンポテトが知られている。また、ハンバーグはドイツ発祥の肉料理。またビールがうまいことが知られている。他にはお菓子が名物で、多くのお菓子がドイツの名産として知られている。ただしバウムクーヘンはドイツではなじみが薄い。

街道

ドイツはメルヘンの国として知られ、本当に王子様とお姫様が今でも住んでいるのではないかと言うお城や街道がある。

娯楽文化

ドイツの音楽は世界的に見てもっともレベルが高い。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団もドイツのベルリンを本拠地としている。ちなみにカラヤンオーストリア人。オーストリアのウィーンは音楽の都として知られるが、世界的な音楽家はドイツやオーストリアなどに多い(バッハ、ベートーヴェンモーツァルトなど)。フランスなどに勝っている分野である。また文学などでも多くの功績を残しており、ゲーテやシラーの他、最近ではエンデなどが有名。

サッカー

サッカーは、世界中で国民的なスポーツです。特に、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、イングランド、ベルギー、ブラジルが強いです。
後日注記:ドイツはオリンピックなどでも優秀で、夏季・冬季ともに2010年までの通算メダル獲得数は5位。またドイツサッカーの国内トップリーグブンデスリーガでもっとも成功したサッカークラブはバイエルン・ミュンヘンなどとなっている。

ドイツには偉人が多い

ドイツには偉人が多いことで知られます。
バッハ、ゲーテ、シラー、ベートーヴェン、カント、ヘーゲルニーチェガウスアインシュタインなど、現代に大きな影響力を与えた偉人は多くがドイツ人です。
後日注記:僕が個人的に思うのは、ドイツは哲学や数学のような「考えてできること」がとても得意。誰よりも深く知りながら賢く考える、そんな人間が多い。また、フランスやイギリスの有名な偉人と比べると、ドイツはとても「体系的」であり、「著作が膨大」である。たとえばフランスにも哲学者デカルトが居るが、彼の著作は薄く、読みやすいが、ドイツ人のカントやヘーゲルの著作は、小難しく、体系的で、なんでもかんでも書いてある代わり、簡単には読めない。ゲーテなども、イギリスの不思議の国のアリスやフランスの星の王子さまなどと比べて、「簡単には歯がたたない」。その代わり、ドイツには多くの作品を作る音楽家が多く、バッハやベートーヴェンなど「本当の意味で偉大な偉人」がとても多いことで知られる。

プロテスタント発祥の国

また、ドイツはマルティン・ルターの国と知られ、スイスのカルヴァン派と並んでプロテスタント発祥の国です。
実際には、地域によってカトリックプロテスタントに分かれます。北部と東部にはルター派ドイツ福音主義教会信徒、南部と西部にはローマ・カトリック教徒が多いです。
後日注記:ドイツは確かに先進国で新しいが、逆に田舎などに行くと昔の中世のままの田園風景が広がっている。「キリスト教のまま新しくなった」という人間も多い。首相メルケルキリスト教民主同盟の人間で、野党は左派の社会民主党。まったくどちらも保守的でありながら、「古いままで新しい」。そういうところが、「資本主義も社会主義もどちらも信じない」という、良い意味での「ドイツ主義」を生んでいる。