中国

中国

日本の文化のふるさと

中国は、日本にとって、中世の日本文化、特に大和時代から江戸時代に至るまでの長い文化の下になった、「オリジナルの国」であると言えます。
中国を通して、日本には、建築技術、農業技術、漢字、仏教、律令国家など、多くのものが伝来してきました。
特に、もっとも大きな伝来になったのは、言語ではないかと思います。日本語の漢字は、そのまま中国の漢字を元にしてできています。多くの漢字に共通点があり、どう読むのかは分からなくても文字を見れば何を言っているのか良く分かります。
また、冷戦の時代には、日本が資本主義、中国が社会主義という敵対関係にありました。日本はアメリカにつき、中国はソ連につきました。日本は長い間、アメリカに次ぐ第二位の経済圏でしたが、今では中国の改革開放政策により、中国が第二位で、日本は中国に次ぐ第三位の経済圏になりました。
そういうわけで、中国は血縁関係にある親のようなものであり、日本にとってはなくてはならないパートナーです。敵対するのではなく、協調して、互いにアジアのために頑張りたいと思います。

中国には漢字と中国の三教がある

僕は、中国にはほかの国にはない、特別に優れた点があると思います。それは、中国の文字である「漢字」と、仏教・儒教道教の「三教」です。
中国と日本には、世界でもっとも発達した文字である漢字があります。そして、この漢字という発想は、中国と日本を特別な優位性においており、また中国は漢字を生んだオリジナルの国です。
アメリカやイギリスが愚かになっているのは、そもそもが漢字を使わないからです。漢字には哲学的な表現があり、日常のさまざまな場所で中国人と日本人を賢くします。
言ってしまえば、中国と日本は神を信じません。宗教を信じなくても、漢字があるだけで、「自らの力で宗教ができる」のです。
また、中国と日本には、儒教道教、仏教の文化が根付いています。これらの宗教は、キリスト教イスラム教のように、「神を盲信する宗教」ではなく、「自ら思考し考える宗教」なのです。
あらゆることを自らの力で考え、疑い、経験すること、それを最初の古代人は「宗教」としました。中国と日本は、そうした宗教の「本当の意味」を知っているのです。神を信じて教えに従うだけの、セム系・ヨーロッパ系の民族とは、まったく違うのです。
ですが、一部付け加えることがあるとすれば、中国は共産主義を信じているのが間違っています。それは、中国は人口が多すぎて、自由にすると大多数が奴隷になってしまうからです。また、中国人は真面目に働きません。日本の「和の文化」がないため、中国にはきちんと上に従い努力する、という文化が無いのです。相手を立てながら自分の意見を譲歩するような、そういう考え方が無いせいで、中国は日本ほど優れた製品を生産できないでいます。これも、文化的な問題であると思います。

中国

ロシアと良く似た国に、同じ共産主義国である中国があります。中国は、資本主義を社会主義の中で導入する「改革開放政策」によって、ノルマ以上働くとそれを自分の利益にできます。安い労働力と巨大な工場の大量輸出モデルを築くことで、まるで高度経済成長期の日本のように安い工業製品を大量に生み出して、「新しい世界の工場」として大発展をしています。
北朝鮮やロシアも、中国のモデルをとり入れるでしょう。社会主義国が遅れていると言われる時代は終わりました。ですが、中国式のモデルが必ずしも良いわけではありません。格差が広がり、貧しかった頃のような平等な社会は無くなってしまいました。
中国には、ロシアよりも現実的な理想があります。それは、「人民を平等にはするが、それは経済力がついてから」というものです。これは資本主義と社会主義の両方の良いところを取った形で、「豊かさと平等のどちらもを両立させる」、つまり「みんな豊かな上でみんな平等」という「正しい理想」をやっている、といえますが、逆に言えば、「経済成長するまでは平等でなくても良い」ということです。経済力をつけてから社会主義をやるから、経済力がつくまでは平等にしなくても良い、という考え方です。
これは一見、マルクスの言っている「生産能力の向上の末に社会主義が訪れる」という理念にもあった、理想の地球のような考え方に見えますが、実現は難しいです。それは、資本主義で成功する人間が「成功者」として現れるからです。彼らは金を持っており、力を持ちます。社会主義にするのであれば、その偏った富を再分配しなければなりません。そのためには、党や政治家の強権的な「中央集権能力」、つまり「独裁権力」が必要になります。
また、ただ独裁権力が生まれるだけではありません。自分たちだけを優遇してほしい金持ちは、独裁者に対して「ヨイショ」をします。これが、癒着であり、腐敗へと繋がります。自分たちだけは摘発してほしくない金持ちは、腐敗とは言わなくても、できるだけ政治家の悪いことや欠点を見ないようにします。誰も反抗せず、誰も声をあげないのに、みんなは政治家にどんどん全ての富を奪われていき、気が付いてみれば国は崩壊して地獄だった、という状況になっているのです。
中国は、そのような、「資本主義の悪い面と社会主義の悪い面をどちらも受け継いだ国」になっています。これでは、経済成長がいつか終わった時に、崩壊するでしょう。ですが、中国には人口が多く、人口が多いということはそれだけ「フロンティア」が存在します。フロンティアとは未開領域です。これは自由主義者の言葉であり、言いかえると、「開発する伸びしろがまだまだいくらでもある」ということです。中国が成長すれば、どんどん田舎が豊かになって、開発は中国全体へと行き届き、「全ての土地を耕すかのように、国民全員が豊かになり、その上で平等になる」という正のスパイラルが始まるかもしれません。そうした発想が中国の「開発独裁」です。
中国があなどれないのは、日本と同じように、中国もアメリカやヨーロッパの技術を超えていくからです。一帯一路構想や、アジアインフラ投資銀行(AIIB)やRCEP、それから独自の宇宙技術や、GPSに代わる新しい宇宙からの位置情報技術「北斗」などは、アメリカの技術を今からどんどん超えていきます。もう、アメリカやヨーロッパが最強だった時代は終わり、時代は完全に日本や中国をリーダーとするアジアへと向いています。僕の言いたいことは、日本だけではなく、中国も中国で、この世界の覇者になり、どこよりも高い科学技術力・生産能力をつける、ということです。そこで、日本が中国とつるむことができれば、まさに日本は「最強」になるでしょう。そして、それは僕にしかできないでしょう。

日本企業の工場進出

中国は、現地の労働力が安いです。そのため、アメリカや日本などの先進国の企業の工場進出が盛んです。
これには、次のような背景があります。
1.人口が多く、働き口が少ない。中国にはたくさんの人口が居るが、農村部には働き口がなく、人々は少ない給与であっても、都心部にでて働こうとする。労働力の需要と供給の問題である。
2.為替の意味で労働力が安い。日本円よりも中国元の方が安くつくので、同等の労働に対して見合うだけの給与を安く払うことができる。
日本企業は、コスト削減のために、日本で工場を作るよりも、中国で工場を作って中国人を働かせるようになりました。
一昔前は韓国や台湾でしたが、今は完全に中国です。最近は、マレーシアやインドネシア、タイやベトナムなど、東南アジアに進出する企業もあります。
ここで起きる問題は次のようなものがあります。
1.技術の流出。日本企業は、日本の技術をそのまま中国の工場に移します。このことから、中国人が技術を習得し、中国への技術の流出が起こります。中国人でも、同じものを作れるようになります。これは一見良いことのようにも見えます。ですが、日本がいかに努力して投資・研究・開発・実現してきたものであっても、中国はゼロコストでそれを習得し、自分たちのものにします。結果、日本企業は要らなくなって、中国人でも同じものを作れるようになります。日本企業はなすすべもなく、劣悪な中国の製品に競争で負けていきます。
2.日本社会の空洞化。中国に工場を作るということは、日本の工場が少なくなるということです。日本人が働くための働き口が無くなり、技術はどんどん中国に奪われて、「気が付いたら日本には何も無くなっていた」という事態が訪れます。
また、中国への進出だけではなく、ほかにもコスト削減の悪影響はあります。日本企業は、コスト削減のためにきちんとした品質管理を行わなくなります。結果、不正などの「ごまかし」が起きるのです。
中国が貧しかった時代も、もう終わろうとしています。中国人には貧富の格差が生まれ、富裕層は日本に来て「爆買い」をするなど、とても膨大な富を持っています。中国のITサービス企業である、アリババ・グループなどは、ものすごく巨大な富をたった数時間で得てしまいます。富裕層だけではなく、中国全土にITサービス網を整備した中国のIT企業は、通販サイトなどを通じてすぐに目的の品物を購入できるなど、完全に資本主義と全く同じになろうとしています。IT化は日本よりも進んでいるところがあり、スマホを使ったキャッシュレスなどは中国の方が普及しています。一方で労働者の労働環境は劣悪で、少ない給料で歩合制(成果の量によって給料の量が決まる)で働かせています。農村部の農民を強制的に移住させるなど、共産党の政策には厳しいものがあり、また共産党幹部は腐敗し、正しい民主化はされていません。

中国語

中国語は、漢字だけを使って文字を表現します。
漢字は日本語でも使いますが、象形文字を記号的に簡略化して、文字を見るだけで意味が分かります。
何千種類と文字がありますが、日本人の識字率は高いことで有名です。
中国などで話されますが、中国人の人口が多いため、中国語母語者はとても多いです。

日本語との違い

中国語は日本語と同じ漢字を使いますが、日本語で使われている漢字は古い漢字で、中国ではもっと新しい簡略化された漢字を使います。このため、「日本語は漢字の博物館」と言われます。
発音や文法が異なり、特に文法はより英語的で「我」を先に書きます。ある意味、「文法を英語的にして発音を少しマージャン的にした日本語」です。使われる漢字も違います。ひらがなやカタカナはありませんし、訓読みもありません。敬語もありません。
ですが、本当に日本語と良く似ていると思います。日本人が中国語をいつか話すようになっても、日本人は違和感なく日本語と併用して取りいれることができると思います。フランス語と英語が似通っているのと何も変わりません。

どの漢字を使うのかという問題

中国語では、日本語とは全く違う漢字を使うため、日本人にとっては、最初読んでもどんな意味なのか分かりません。
ですが、漢字の意味や書き順などを少し知っている日本人にとって見れば、文法的な要素を考えなくても、どんな漢字を使うのか、どんな発音をするのかだけ知れば、すぐに分かります。
発音が異なることよりも、漢字を使うルールのようなものを知ることが大切です。日本とは違った変なルールで漢字を使うのが、難しいと思います。

国史

日本史との関係

古来より、日本の文化は中国や朝鮮のような大陸から渡ってきました。
農業技術である稲作は中国や朝鮮から伝わったものです。日本建築や美術も中国の建築・美術をベースに築かれました。
古文・漢文は中国から伝わったものをベースに作ったもので、日本の大和王朝や中世の東アジアに伝わった律令制国家(律令政治)は中国から伝来したものです。
律令制は刑法的な法律である「律」とそれ以外の行政法のような法律を中心とする「令」に分かれる考え方で、「土地と人民は王に服従」し、「王だけが君臨し、王の下では全てが平等である」という理念である古代中国の「王土王民」をベースとする法律の考え方で、元は中国で法による統治と徳による支配である官僚制度があり、それを日本が奈良・平安時代に独自に派生した法律の形である。
中国からインドへと渡って仏教の経典を持ち帰り翻訳した三蔵法師も中国の人間です。
また、三国志時代の三国志演義は日本でも漫画やゲームで良く知られています。
中国はモンゴル(元)に制圧されたこともあり、元寇が日本にやってきています。元はチンギスハンなどによるモンゴルの帝国で、地球規模に渡る巨大帝国を作り上げましたが、日本は制圧されませんでした。
儒教の教祖である孔子論語で有名で、儒教のひとつである朱子学は江戸時代の幕府の公式な思想でした。
中国はさまざまな王朝を経験して、清を立てますが、日本は清との戦争(日清戦争)で勝利しました。
日本は中国に日本の事実上の属国である満州国を作り、溥儀を皇帝にしました。清朝最後の皇帝です。
現代では、中国は共産主義革命である文化大革命を経験し、共産主義国になり、日本とは冷戦による対立関係にありましたが、田中角栄総理が日中国交正常化を行いました。

中国王朝・帝王一覧

中国の歴代の王朝は、殷・周・秦・漢・隋・唐・宋・元・明・清・中華民国中華人民共和国となります。

三国志

僕はコーエーのテレビゲームである真・三國無双赤壁の戦いなどさまざまな戦争の場面を姉と一緒にプレイしていたこともあって、三国志が大好きです。
三国志演義の主な武将と、戦いのあった地名を良く知っています。
ただし、三国志に限って知っているため、「中国史を誤解している」ところがあるかもしれません。三国志に偏って中国史を知っているからです。
主な戦いには、黄巾の乱、虎牢関の戦い、官渡の戦い赤壁の戦い合肥の戦い、夷陵の戦い五丈原の戦いなどがあり、その状況に応じて、魏、呉、蜀のうちの2つの勢力に分かれて、ゲームでは自分は一人の武将となって敵の勢力を倒します。
魏の総大将は曹操で、夏候惇、夏侯淵典韋張遼などが魏の武将として有名です。また晋の勢力に司馬懿などがいます。
呉の総大将は孫堅あるいは孫権で、孫策周瑜陸遜甘寧孫尚香などが呉の武将として有名です。
蜀の総大将は劉備で、関羽張飛趙雲馬超諸葛亮孔明などが蜀の武将として有名です。
また、他の勢力として、張角袁紹董卓呂布貂蝉孟獲祝融などがいます。
三国志は、ゲームの元となった「三国志演義」と呼ばれる中国の歴史物語がベースとなっており、横山光輝の漫画「三国志」は有名で僕の中学校でも良く読まれていました。