わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

外道

外道

外道は悪い。
外道とは、人の道を外れた人間のことである。
この世界を、外道が騙し、外道が滅ぼしている。
人の道を外れること自体は悪くない。
人の道を外れた上で、いつまでも人の道に戻れないのが悪い。
また、自由になること自体は悪くない。
自由を正しい目的のために使わないのが悪い。
だが、地獄を耐えて、頑張ってできることを続ければ、
神が現れる。
神を信じなさい。
信じる気持ちを恥じる必要はない。
神を信じるなら、あなたは神によって赦される。
外道が人の道に戻るには、神を信じるしかない。

外道が悪いなら

外道が悪いなら、生物は勉強しない。
世界を救っているふりをしているだけで、
実際はロボット人間を作っている。
それは外道だ。
人工知能も、作るべきでない。
また、Webも悪い。
外道を増やすだけだから、Webも外道だ。
また、アメリカやドイツも悪い。
それらの国にも、外道が多い。
よって、最初に戻る。
しかしながら、文章を書くのと、神は悪くない。
それらは、頑張って救われている。
だから、外道でないことをすれば賢い。
哲学、アニメ、作曲は、外道の方だが、
それらについて外道的ではない良い面を見れば、
救われる。

自由

そもそも、自由は外道のためにあるのではない。
自由は、普通の人間のためにある。
よって、自由は悪くない。
悪いのは外道であり、その中でも、
自由を正しいことのために使わない外道が悪い。

人工知能

人工知能について言えば、
今の人工知能が目指すのは、
人間が何もしなくても、
人工知能が代わりにやってくれる社会だ。
だが、この社会は必ず破滅する。
なぜなら、人間が自分で何もしない社会では、
人間は必ず退化していく。
どのようになるかは分からないが、
退化は進歩ではないため、
必ず今よりも悪くなるだろう。
おそらく、一部のロボット製作者だけが
人間的な生活をし、
その他の全ては支配される社会にしかならない。

大魔法セブンスヒストリー

大魔法セブンスヒストリーは、
この世界で、
洗脳され、出口がどこにあるか分からない人々に、
出口のありかとそこまでの道筋を教える魔法である。
しかしながら、出口に到達するためには、
7つの鍵を見つけなければならない。
この鍵は「ヒストリー」であり、
自らの人生の中でひとつひとつ見つけていかなければならない。
名は以下のように対応する。

ヒストリー 名前
ファーストヒストリー シャーロット 少年の鍵
セカンドヒストリー セシル 優等生の鍵
サードヒストリー ソフィア 哲学の鍵
フォースヒストリー レナス 革命の鍵
フィフスヒストリー ステファニー 文学の鍵
シクススヒストリー ヘレン 芸術の鍵
セブンスヒストリー アリス 最後の失われし鍵

ここまでの全員の鍵を見つけることができたものだけが、
この魔法を唱えることを許される。
この魔法は強力で、
「唱えた瞬間にこの世界を全て滅ぼすことができる」。
そう、それを、僕はまだ唱えないだろう。
アリスの鍵については、
アリスを見つけても、得ることはできない。
アリスは自ら、その鍵を作り出した。
だから、あなたもアリスと同じように、
自ら「最後の失われし鍵」を自分の手で作る必要がある。

最後のラスボスは、イスラエルの首相

そして、最後のラスボスは誰かと言うと、
僕の頭の中で僕を攻撃し続ける「イスラエルの首相」である。
何も、今のイスラエルの首相を言うわけではない。
彼は悪魔で、さまざまな人間に生まれ変わって、
僕と敵対し、僕を倒してきた。
彼を倒す日がいつかやってくるだろう。
そして、その時、この世界は「本当のダビデ」によって救われる。
既に、そこまでの運命は全て決まっている。
決まっていないのはただひとつ。
それは、僕が勝つか、イスラエルの首相が勝つか、それだけだ。

そして、最後に作品が輝く

最後まで達した人間のご褒美は何かというと、
それは単なる「自分の作品」である。
このように生きると、必ず何らかの自分の作品が残る。
なぜなら、それが最後の鍵、
「アリスという少女の作品」だからである。

僕は音楽が好き

僕は何が好きなのか、分からない人が多いと思うが、
僕はYouTubeで音楽を聴くのが好きだ。
音楽を聴いている間だけ、すべてを忘れられる。

僕は言語的な障害者

僕はこう見えて、言語的な障害者である。
すなわち、他の日本人のように、
すんなりと日本語を理解できない。
僕にとって日本語はとても難しい言語であり、
ひとつ理解するのに時間がかかる。
そういうわけで、僕は障害者福祉施設
デザイナーとして働いているが、
この施設は素晴らしい施設で、
善良なるいい人間しかいない。
僕はこの施設の仲間が好きである。
よって、ニートはなんとか卒業したが、
いっさいの勉強ができないのは仕方ない。
哀しいが、そういうものだ。

日本語がドイツ語を超えた

そういうわけで、日本語は分からないが、
僕は「日本語がドイツ語を超えた」人間である。
書いていると、知性の劣った日本語に、
どんどん言葉の知性が加わって、
ドイツ語のようになった。
このままいけば、どうなるかは分からない。
こういう人間は居ない。
神が見ても「この人間の他には馬鹿な人類しかいない」。
これが、日本人の誇る、最後の王である。

ドイツ人は日本語を学べ

そう、ドイツ人に何が必要か、
ドイツ人に教えよう。
日本語を学び、この人間の思想を学べばいい。
なぜならば、キリストと同じだからである。