Assyのリベラル文学研究所もご覧ください。

Webブラウザ(Windows)

エンジン

Trident(Microsoft

Internet Explorerに搭載されている、Microsoft由来のエンジン。

GeckoMozilla

Mozilla Firefoxに搭載されている、Mozilla/Netscape由来のエンジン。

WebKitKHTML

Google ChromeAppleSafariに搭載されている、KDEKHTML由来のエンジン。

メジャーなWebブラウザ

Internet Explorer

Microsoftによるブラウザ。Windows標準。
だが、最近はMicrosoft Edgeと言う新しいブラウザを開発しているようである。
後日注記:Microsoft EdgeChromiumベースになり、Linux版も開発されるようである。MSは何をしたいのか良く分からない。誰が使うのだろうか。

Google Chrome

Googleによるブラウザ。現在、僕がメインで使うブラウザである。
僕ははてなブックマークはてなのお知らせなどの拡張をインストールしている。
オープンソースWebKitという技術をベースにしている。
後日注記:オープンソース版のChromiumは、Chromeのベースとなっているほか一部のフレームワークではJavaScriptエンジンとして使われることもある。

タブブラウザ

タブブラウザの優れた点

タブブラウザの優れた点はいくつかある。

  • タブ
    • タブブラウザはタブによってブラウザの表示を切り替えることが出来る。
    • これは、当時のタブブラウザ情勢では、とても使いやすい革命的な発想だった。
  • 検索バー
    • 検索バーにテキストを入力することで、簡単に検索エンジンでキーワード検索をすることが出来る。
  • マウスジェスチャー
    • マウスジェスチャーによって、右クリックをしながら→↓などにマウスを動かすことで特定の機能を実行することが出来る。
    • Sleipnirなどで利用出来る。
  • アカウント
    • アカウントにログインすることで、ネットワークにつながったさまざまな端末のブラウザで同じブックマークやパスワード記録を共有することが出来る。
    • Google Chromeなどで利用出来る。
  • カスタマイズ&テーマ&拡張
    • UIをカスタマイズし、テーマや拡張を導入することで機能やスタイルを向上出来る。
    • Mozilla Firefoxなどで利用出来る。

Sleipnir

Sleipnir

熾烈な国産タブブラウザ競争の中で、頂点に君臨するブラウザ。オープンソースではないが、フリーソフト
昔はIEコンポーネントを使っていたが、最近はもっと違うWebKit系のエンジンに移ったらしい。最近のことは知らない。
マウスジェスチャーが使いやすかったことを覚えている。また、2ちゃんねるでの開発では、プラグインに対応したのが僕は良いと思っていた。
最近はどんどん新バージョンが出ている。美しいデザイナブルな上級者向けのブラウザを目指している。作者は専門の会社であるフェンリルという企業を立ち上げたそうだ。

フェンリル

フェンリルSleipnir作者の作った会社。ソフトウェア開発、デザイン、スマホアプリ開発などに力を入れている。

IEコンポーネント系のタブブラウザ

Donut系のたくさんの派生

Donutはもともとオープンソースで開発されていたこともあって、派生版がたくさん生まれた。
当時はDonut Pが主流だったが、僕はunDonutDonut RAPTDonut QDonut Lなどを使っていた。特に、違いはそんなに分からなかったが、RAPTが雰囲気的に好きだった。

MDIBrowser

おそらく、僕が最初に触れたタブブラウザ。最初は熱心なファンだった。

Lunascape

なんとなく、庶民的でかつカリスマ的なイメージがあった。僕は、Sleipnirの次にポピュラーだと思う。

fubとかぶら。とか

2ちゃんねるブラウザでおける、えまのんとかYa2bみたいなイメージのブラウザ。
玄人向け、知ってるやつだけついてこい、みたいな雰囲気だった。
そういうところに憧れて、僕はプログラマになりたかったのだろう。

オープンソースは派生版がたくさん生まれる

日本でのオープンソースWebブラウザの特徴として、「派生版がたくさん生まれる」というのがある。
特に、DonutやOpenJaneなどは、オープンソースだったために派生版がたくさん生まれました。
ここで、GPLにライセンスを統一することで、派生版の機能をアップストリームにマージできますが、日本ではそうしたコピーレフトによる面倒な共同開発を行わず、「それぞれの開発者が勝手に作って配布する」ということが多く行われます。
ですが、僕はそれを良いと思いません。ユーザーがどの派生版を使えば良いか分からなくなるからです。特に、Emacsenや*BSDは種類が多く、多くの人は一番有名なものを使います。ひとつのメインストリームに機能を共有することも必要です。
もちろん、サクラエディタのように、ひとつの共同プロジェクトによって開発されるソフトウェアは日本にも数多くあります。

Mozilla

Mozilla & Mozilla Firefox

昔のMozillaは、雰囲気が独特で良かった。僕は昔のMozillaのインターフェースのデザインが好きだ。
「俺たちはクローズドなIEなんか使わない」と言う、良い意味での独自性があった。逆に、今のFirefoxはちょっと無個性かもしれない。
オープンソースのブラウザ、Mozillaは、Linuxなどでも昔からきちんと動く。日進月歩のブラウザだ。
昔はNetscape社によるオープンソースプロジェクトのMozilla.org開始以降、Mozilla SuiteというメーラーやHTMLエディタでもあるコミュニケーションソフトウェアで、晩年のNatscapeブラウザはMozillaをベースに作られていた。その後、軽量化を図る目的で、Mozilla Firefox(昔はFirebirdという名前だった)が生まれた。時の時代ではNew York Timesで大広告を表示するなど、時代の中で流行っていた時もあったが、Google Chromeなどの誕生とともに、またインターネットの隅へと追いやられた感がある。最近は特徴的だったXMLによるUI技術であるXULによる拡張機能もやめてしまうらしい。(Google Chromeの拡張と互換性のある技術になってしまった。)
昔はもじら組なる日本のコミュニティが活発だった。日本でもXPI/XULを使った拡張機能の作成は盛んで、さまざまなソフトウェアがMozillaの拡張として開発されていた。
2018.02.28より、僕はメインブラウザをChromeからFirefoxに変えました。理由は、Debianに入っていたFirefoxとブックマークなどを同期したいからです。Linux版のChromeChromiumは使いたくないので、Windowsの方をFirefoxにしました。Firefoxは最近高速で軽くなっています。

XUL

MozillaのUIで使われている、XMLによってGUIを書く技術。

Gecko

MozillaのHTMLのレンダリングエンジン。

独自コンポーネント系のブラウザ

Opera

僕はOperaも好きで、僕の好きだったネットゲームの作者も、Operaを使うべきだと言っていた。
Opera社の開発する独自コンポーネントのブラウザだった。無料版には広告がつく。北欧の会社であるため、北欧をイメージした美しいデザインをしていた。
Operaは以前Prestoと呼ばれる独自のエンジンを採用していたが、最近になってChromiumベースとなり、エンジンもWebKitやBlinkになった。昔は、NetscapeでもIEでもない第三のブラウザとして有名だった。

Safari

Macのブラウザ。KHTML由来のWebKitを使っている。
macOSだけでなく、iOSにも搭載されており、iPhoneなどからWebを見る時はSafariを使う。