デザインソフトウェア

Adobe

AdobePhotoshopやIllustator以外にもたくさんの製品を出していて、利用料を払うことで一部あるいは全てのアプリケーションを利用出来ます。
昔はCS6などのバージョンを出していましたが、今はバージョンではなく最新版のCC(クラウド版)を利用期間単位の「利用料」として払います。
契約すると、ソフトウェアが使えるだけではなく、フォントをインストールしたりすることも出来ます。
AdobeのCCは利用料が高い。PhotoshopIllustratorをどちらも使えるコンプリートプランにすると、一か月4,980円もする(一年間ならばもちろん12倍である)。僕は作業所だけの利用で利用料を払っている。

Corel

CorelDRAWなどを出している会社。昔、僕はCorelPainterと言うリアルなタッチが得意のペイントを子供の頃に使って遊んでいました。

GIMP

GIMP

GIMPはとても高機能なラスター系写真編集・ペイントソフト。Adobe Photoshopと同等の製品で、写真やイラスト画像の編集に使える。

ペイントもできる画像編集ツールとして使える

僕は、昔、GIMPを使って画像の中の色を塗りつぶしたり文字情報を入れたりしていました。

GIMPは、そうしたペイントツールとしても使える、画像編集ツールです。たとえば、色を塗りつぶしたり、フィルタ効果をかけたり、解像度やサイズの変更(トリミング)をしたり、文字を綺麗に入れたりするのに使えます。

僕はPhotoshopユーザーですが、Photoshopの無い環境で画像の編集を行う必要がある場合は、GIMPが使えます。たとえば、UbuntuでダウンロードしたPNG画像をJPG画像に変換して大きさを変えたいなどの時に使うことができます。

実はPhotoshopよりも歴史が長い

フリーのPhotoshop代替ソフトとして、「Photoshopキラー」の異名を持つGIMPですが、意外なことに歴史はGIMPの方が長く、とても古いソフトウェアです。
昔は、UNIXで一般的だったツールキットであるMotifで作られていました。

GTK+GIMP ToolKit)の産みの親

Linuxで一般的となっている、GTK+/GNOMEアプリケーションは、GTK+と呼ばれるウィジェットツールキットで開発されていますが、GTK+GIMPの開発者によって開発されました。
GTK+は、GIMP ToolKitの略です。
当時、Motifは完全にフリーではなく、KDEで使われていたQtもフリーではなく、GNOMEのために新しいウィジェットツールキットが必要で、GIMP ToolKitがGNOMEのために採用・開発されました。
ウィジェットツールキットはGUIツールキットとも呼ばれ、WindowsMacでも存在するような、ボタンやメニュー、スクロールバー、ウィンドウフォーム、テキストボックス、ラジオボタンなど、GUIでアプリケーションのために機能として必要な、「GUI部品」のことです。
GTK+C言語ながらオブジェクト指向の考え方(GLib/GObject)を導入し、X11GTK+の間をGDKと呼ばれる単純なグラフィックス描画APIとすることで、C言語のラッパーを作ることでどんな言語にも対応できます。また、WindowsMacにも容易に移植することができます。これは、GNOMEやCORBAのような「複数のプラットフォームの間で、さまざまな言語でネットワーク通信をするコンポーネントシステム」にとても合致したものでした。
プログラミングの視点から見ると、GTK+C言語ながらAPIが優れており、「コールバック関数」をイベント駆動で行うことによって、C#/VB.NETのようにGUIプログラムを作ることが出来ます。
今や、MotifもQtもフリーにはなりましたが、今でもGTK+Linuxのメインのグラフィックスツールキットです。Mozilla Firefoxなどもツールキット部分の描画にGTK+を使っています。Mozillaの場合はさらにXULを使うため、とても高度なアプリケーションになっています。GNU EmacsGVimなどもGTK+に対応しています。
ちなみに、GUIではなくコマンドラインで画像処理をしたい時は、ImageMagickが使えます。シェルスクリプトなどにして操作を自動化させたい時や、サーバーやネットワークから使いたい時などに使えます。

インターフェースが個性的(悪く言えば醜い)

そんなGIMPですが、ペイントツールとしてみると、インターフェースが個性的であり、独特であることが挙げられます。
それは、たくさんのウィンドウを開いて、画面がとてもごちゃついてしまうせいで、そう言われてしまうのだと思います。
ウィンドウがたくさん開いて使い辛いという方は、最近、「シングルウィンドウモード」という画面モードが出来たので、それを試してみてください。ウィンドウが全画面の中でフィットし、キャンバス部分をタブで管理するため、とてもすっきりとしたインターフェースで使うことが出来ます。

ペイントだけを行いたいならMyPaintを

GIMPはとても高度なソフトウェアだが、そもそもがフォトレタッチソフトであってペイントソフトではない。
ペイントだけを純粋に行いたいのであれば、MyPaintというソフトがある。

クリスタとSAI

日本ローカルで見ると、CLIP STUDIO PAINT PRO(クリスタ)やペイントツールSAIというソフトが(有料ながら)存在する。
GIMPPhotoshopの代わりにこれらを使ってペイントすることも可能である。
僕の作業所にもこれらのソフトが入っていて、僕はペイントする時はペイントツールSAIを使っている。
特に、日本の漫画・イラスト制作者にはクリスタを使っている人が多いようである。
ユーキャンのデジタルイラスト講座もクリスタである。

Tux Paintを入れると面白いかも

Tux Paintは3歳児にも使えるように考慮された子供向けのペイントソフトウェア。

KDE向け

KDE向けには、Karbon14というドローツールやKritaというビットマップツールがあるほか、KolourPaintというMSペイントに良く似たソフトウェアもある。

Inkscape

Inkscape

InkscapeAdobe Illustratorと同等のベクター系ドローソフト。

ベジェ曲線とイラスト制作

ベジェ曲線の引き方は、Illustratorと同じ。直線の両端に角度をつけて、膨張させ、釣り上げるようにパスを引いていこう。
ベジェ曲線が引けるようになったら、オブジェクトの重なり合いとレイヤーによって、イラストを仕上げていく。
イラストを描く時には、写真などを元にして「トレース」という作業を行うことも出来る。この時は、背景レイヤーに写真を配置してみよう。「ファイル→インポート」から画像ファイルをインポートできる。画像は背景レイヤーに配置し、ロックをかけて作業しよう。

Illustratorとの違い

レイヤーの操作性などはIllustratorと違ってクセがあり、コンボボックスで行う。サイドバーの使い方も異なり、PNGへのエクスポートなどはサイドバーを表示させて行う。また、ペンツールではパスを描画するキーボードやマウスの操作、パスの描画表示も異なる。
用語も違う。塗りは「フィル」、線は「ストローク」、アンカーポイントは「ノード」などと呼ばれる。ダイレクト選択ツールの代わりに、ノードツールを使う。

似顔絵の制作に使える

Inkscapeは、写真を背景レイヤーに配置し、その上にパスを引いてイラストを作るような作業に向いています。
たとえば、似顔絵の制作です。僕のホームページにあるような似顔絵も、Inkscapeで作りました。

DTPで使うならWindows版を使うか、フリーフォントを探す

組版DTPのチラシのような紙文書の作成で使いたい、という時は、Windows版を使いましょう。Windows版の方が優れている、というわけではなく、Windowsには標準で搭載されている日本語フォントの種類が多いからです。
Adobe Illustratorであれば、TypeKitのようなフォント導入サービスが使えますが、Inkscapeにはそうした有料のフォント提供サービスがありません。
Linuxに入っているフォントは、IPAやVLがあるぐらいで、他には数えるほどしかありません。M+などをパッケージ管理システムで入れることもできますが、限りがあります。
どうしてもLinuxで使いたい(たとえばメインマシンがUbuntuIllustratorが動かないような場合)は、ネットからフリーフォントを入れることが考えられます。インターネットには、良く探すとたくさんのフリーフォントが公開されています。以下は、その一覧です。
ですが、フリーフォントは、たとえば難しい漢字が用意されていなかったりするなど、品質のバラツキがあります。試す時は、間違って広告のダウンロードに見せかけたリンクを踏んでウィルスなどが入らないように注意してダウンロードしてください。
Windows環境からフォントをコピーすることも考えられますが、これはおおっぴらにやるとライセンス違反になることがあるので注意が必要です。

Scribus

ScribusというDTPソフトウェアもある

どうしてもオープンソースDTPがしたい時には、Scribusというソフトウェアがある。DTPのための専用のオープンソースソフトウェアである。

Scribusは縦書きに対応していない

海外では著名なオープンソースDTPソフトウェアであるScribusだが、日本で使うのには致命的な欠点がある。それは、「縦書きに対応していない」ということ。
縦書きに対応していなくても高機能であるため、使いたい人は以下のようなサイトが参考になる。InkscapeGIMPと組み合わせて使おう。
また、どうしても日本人がDTPオープンソースを使いたい場合は、LibreOffice Drawが使えると評判である。

MyPaint

ペイントソフトMyPaint

MyPaintはペイントソフト。イラストを鉛筆画・水彩画・油彩画のようなリアルなタッチで描くことを得意とする。

CLIP STUDIO PAINT

最近広告などを色んなところで出している、流行りのペイントソフトウェア。Photoshopフォトレタッチに特化しているのに比べ、ペイント的なさまざまな機能が満載で、漫画家や絵描きにユーザーが多い。
価格は5,000円。

SAIの使い方

ペイントツールSAI

ペイントツール。僕はペンタブレットで絵を描く時はSAIを良く使う。Photoshopフォトレタッチに特化しているのに比べ、ペイント的なさまざまな機能があるが、簡単で軽量。
価格は5,400円。

SAIの操作は簡単

SAIの操作は簡単なので、特に教えることなく、簡単に使うことができる。

レイヤー

SAIを使う上で、コツとして言えるのが、レイヤーを上手く使うこと。
レイヤーは色を重ね合わせることができる機能で、たとえば塗り絵の白黒の下書きを下のレイヤーにし、色を自分で塗ったのを上のレイヤーにする。
線画と色をレイヤーに分ける、という手法は他のペイントソフトでも使うし、Illustratorのトレースも同様に、元画像とパスのデータを別にレイヤーにする。

ペンタブレット

また、塗り絵に色を塗るのであっても、イラストを描くのであっても、良く使うのはペンタブレット
ペンタブレットとは、ペンの形をした入力デバイスで、ペンで紙に描くようにパソコンでペイントをすることができる。
SAIを使うのであっても、ペンタブレットは必須のツールである。

遊び

昔の僕はMSのペイントが好きだった

昔の僕は、MSのペイントが好きでした。これを使って、モンスターファームの登場キャラクターをペンタブレットでなぞって描いたり、あるいは迷路のシリーズのようなものを作っていました。

僕がWindowsの中で一番好きなソフトは、MSのペイントだと思います。ちなみに、KDEにはKolourPaintというMSペイントライクなペイントソフトがあります。

僕は子供の頃からWindowsが好きで、小学校の卒業アルバムにはワードやエクセルで作った図を載せました。ここでも、モンスターファームの登場キャラクターの攻略本に載っているパラメータなどを、データベースのようにエクセルに入力していました。また、ワードで小学校の演劇の脚本を書いていたこともあります。