ファイルサーバ

NFS

NFS

ネットワーク・ファイルシステム。マウントしたボリュームはネットワーク上にあることを意識せず、ローカルのファイルシステムと同じように利用出来る。
ファイルシステムあるいはNFSサーバーがネットワーク上にあるかローカル上にあるかを一切考えなくても、同じファイルシステムとしてクライアントにマウントして使うことができる。Linuxだけではなく、多くのUNIXでも対応していて、もともとは商用UNIXベンダーのSun Microsystemsが開発した。

NFSのマウント

NFS(ネットワークファイルシステム)を使うことで、ネットワーク上のファイルシステムをマウントすることもできる。この場合、普通のディレクトリと全く同じようにコマンドやプログラムからアクセスできる。

FTP

vsftpd

FTPサーバー。FTPは、ホームページのHTMLファイルをサーバーにアップロードする時などに、ファイルの転送のために使われるプロトコル。自前で自分のホームページの自宅サーバーを運営したいと考えているなら、FTPサーバーの立て方とFTPクライアントの使い方を知っておきたい。

ProFTPD

FTPサーバーの1つ。

lftp

コマンドラインで使えるFTPクライアント。コマンドでFTP操作が可能。ミラーリング転送などの機能があります。
lftpはコマンドをスクリプトのようにファイルに保存することもできるし、インタラクティブに使うこともできる。自動化できて便利だ。

Windowsネットワーク

Windowsネットワークは分散ファイルシステムとして使いやすい

僕は、Windowsネットワークは好きです。それは、「分散ファイルシステムとして使いやすい」からです。
たとえば、同じワークグループに所属するパソコンからは、共有したフォルダがどのパソコンからでもアクセスできます。
これは、たくさんのパソコンがネットワークに繋がりながら、さまざまなコンピュータに資源やリソースがある今のパソコンの世代から言うと、NFSのようなクライアント・サーバーのネットワークファイルシステムよりも、使いやすいモデルではないかと思います。
NFSについても一理あるところがあり、NFSではネットワーク上のボリュームをファイルシステムに統合的に「マウント」することができます。マウントしたファイルシステムには、ローカルのファイルと同様、シェル上の通常のファイル操作コマンドでそのままアクセスできます。
このように、Windowsネットワークは使いやすいです。こうしたWindowsネットワークをLinuxで使いたい時は、Sambaを使います。SambaはWindowsネットワークで使われるSMBプロトコルフリーソフトウェア実装で、WindowsネットワークにLinuxを繋ぐことができます。
Linuxはサーバーやクラスタでは使いやすいネットワークシステムかもしれませんが、GUIのネットワークを通じたオフィス作業やグラフィカルなインターネットの閲覧を行う上では、まだまだWindowsには敵いません。Microsoftは「どのようにすれば新しいパソコンでネットワークを通じた仕事や趣味の娯楽をしやすいか」ということが良く分かっていて、ネットワークでもUNIXの一歩先を行っています。

Windowsネットワークの基本

まず、Windowsが所属する「ワークグループ」から共有したフォルダにアクセスできる。
ワークグループを設定したWindowsパソコンで「共有」を行うことで、フォルダをどのWindowsからも共有できる。
また、Active Directoryを使うことで、ネットワーク共有資源を一括して管理できる。

Samba

フリーソフトウェアによるWindowsネットワークの実装。
Sambaは、たとえば会社のチームの複数のWindowsマシンでファイルを共有したい時などに、ファイル共有サーバーをWindowsではなくLinuxで作りたい時などに使える。
必ずしもサーバーをLinuxにする必要はない。僕はWindowsマシンでファイル共有サーバーを使っていた経験があるが、Windowsでファイル共有を行うのはとても簡単で、ただフォルダを共有指定すれば、それだけでファイルサーバーになる。
あるいは、Google Driveなどを使う、という手もありだろう。
Sambaを使うと、逆にLinuxからWindowsネットワークに接続することもできる。また、GNOMEから接続することも可能だ。

NAS

NAS(Network Attached Storage)は、ネットワーク(LAN)に直接つながったストレージ(ハードディスク)のこと。
ネットワーク内のどのコンピュータからもストレージにアクセスでき、家庭内・企業内のファイル共有に使うことができる。
基本的にファイルサーバーと同じだが、NASはストレージに特化しているため導入が簡単で、パソコンを常時起動するよりもよりも消費電力が少ないため、経済的。
中小の企業内などでファイル共有をしたい場合は、NASを購入して使うのが手軽でおすすめである。
ただし、ファイルを共有するため、誰かが勝手にファイルを削除したりすることも考えられる。NASでは、それぞれのユーザーにアクセス権を設定するなどの機能がある。
NASのOSにはLinuxWindows Storage Serverなどが使われることが多く、NAS用のOSとして、FreeBSDをベースとしたFreeNASなどのOSが知られている。また、各種のプロトコルに対応していることが多く、CIFS/SMB, WebDAV, FTP, NFS, rsync, iSCSI等のプロトコルからNASにアクセスできる。

RAID

RAIDNASに備わっていることが多いストレージの機能で、複数のハードディスクをひとつの仮想ハードディスクとして扱い、ひとつのストレージが壊れても別のストレージにデータが残るように「冗長化」することのできる機構。
大企業などでは、大容量・多ユーザーでファイル共有をするため、RAIDが備わっているとありがたい。だが、あくまで冗長化の仕組みのひとつであり、RAIDがあれば絶対に安心してバックアップがとれるわけではない。

Google Driveなど

Googleドライブは、Googleアカウントを持っていて専用のソフトをインストールするだけで、簡単にファイルの同期が出来る。最近の会社ではこれが使われることが多い。
また、Adobe製品を購入した場合は、Adobe Creative Cloudのストレージサービスなどが使える場合もある。そのほかMicrosoftのOneDriveやDropboxなども使うことが出来る。
ネット上で不特定多数にある程度の大きさのファイルを公開したい時は、こうしたサービスを利用してファイルを「公開設定」にすることも出来る。
オープンソースフリーソフトウェアなど、ソフトウェアの開発母体が欲しい時はGitHubなどを使うのが便利だ。
後日注記:Google Driveの欠点は、15GBと非常に容量が小さいこと。逆に長所は、インターネットでGoogleアカウントにログインすれば使えるため、LANの中だけではなくどこでもファイルにアクセスできること。

分散ファイルシステム

複数のホストがネットワークで繋がり、ローカルにあるかのようにファイルシステムとして扱える技術。
また、ストレージ資源を仮想化し、ネットワークで繋がったコンピュータを巨大な仮想ストレージとして扱うことができる。