Assyのリベラル文学研究所もご覧ください。

Eclipse

Javaの開発ならEclipse(だったが…)

Javaで標準的な開発ツールと言えば、オープンソースEclipseである。
プラグインによって拡張できるため、どんな機能にも対応でき、JavaだけではなくC++PHPなどの開発にも使えるなど、「超便利」である。
だが、最近は別の優れた開発ツールもたくさんあり、たとえばJetBrains社のIntelliJ IDEAなどがそれに当たる。

Java開発ツールの標準

Eclipseは、IBMによって開発された、オープンソースJava開発ツール(IDE統合開発環境)です。
Javaソースコードを開発する上で、かかすことのできないデバッグリファクタリング、入力補完などのユーザー支援機能を持っています。

プラグインで拡張できる

Eclipseは、オープンソースで利用できるだけではなく、プラグインを導入することで、いくらでも機能を追加することができます。
たとえば、サーブレットJSPTomcat(あるいはJBossなど)との連携機能、AntやJUnitを簡単に使う機能、SwingやSWTGUIデザイン機能などがあります。

Java以外の言語(PHPRubyなど)のためのプラグインもある

Java以外の言語のプラグインもあり、たとえばPHPRubyなどのための開発環境として利用することもできます。標準のJava開発機能すらプラグインとして実装されています。

SWTというネイティブよりのGUIツールキットで作られている

Eclipseは、同様のJava開発環境であるNetBeansなどよりも、軽快に動作します。これは、IBMEclipseを開発する際に、AWT/Swingを使わず、独自の「OSネイティブに近い」SWTというGUIツールキットを使って開発されたためです。

インストールと注意点

Pleiades All in One

日本語に翻訳された、オールインワンのEclipseの配布版として、Pleiades All in Oneがあります。初心者はこれを導入しましょう。

インストールの種類

PleiadesJavaのための開発環境として導入する場合は、最新のリリースバージョンから、Java - Windows 64bitを選びましょう。エディションは、普通にJavaを開発するだけであればStandard Editionを選び、Webプログラミングのようなことをしたい場合はFull Editionを選べば良いと思います。
自分は、C/C++の開発のためにEclipseを利用していたことも過去にあります。この場合は、C/C++を選ぶと良いでしょう。この場合、MinGWが含まれているため、コンパイラGCCWindows移植版を使用することになります。

Cドライブ直下に解凍すること

Eclipseは、ディレクトリ階層が深いため、深いディレクトリに解凍するとエラーが発生します。Cドライブ直下に解凍するようにしましょう。

Eclipse独自のJavaコンパイラもある

Eclipseには、Eclipseで開発されている独自のJavaコンパイラEclipse Compiler for Java (ECJ)もあります。そのため、JDKを導入しなくてもJavaソースコードコンパイルが可能です。

関数の宣言にジャンプ

Eclipseで宣言にジャンプ

ctagsと同様、オープンソースJava統合開発環境IDE)のEclipseでも、F3キーを押すことでメソッド宣言にジャンプできる。Alt+左で元に戻る。

Eclipseのその他の便利機能

F2で飛ばずにポップアップで宣言の場所を表示できる。
Ctrl+Alt+hで呼び出し階層を開く。関数やメソッドがどこからどのように呼ばれているかを順々に表示する。
F4でクラスの型を階層的に表示してくれる。

Eclipse CDT + MinGW

フリー開発環境でWindowsアプリ開発

Eclipse CDTはEclipseC/C++開発用プラグイン。これとGCCWindows版であるMinGWやResEditなどを効果的に組み合わせることで、EclipseでもWindowsアプリケーション(Windows APIを使ったアプリケーション)が作れます。