IntelliJ IDEA

IntelliJとは

IntelliJとは、最近人気のJavaIDE統合開発環境)。
無料版はオープンソースで、Android Studioのベースにもなっている。チェコのJetBrains社が開発。
JetBrains社はRubyRuby on Railsの開発が行えるRubyMineなどの派生IDEでも有名であり、Javaの代替言語であるKotlinの開発でも知られる。
KotlinはロシアのサンクトペテルブルグにあるJetBrains社の研究所から生まれた「ロシア製言語」として有名。
現在、IntelliJ IDEAはJavaの一番人気のIDEとなっている。

なぜJavaIDEが必要なのか

JavaにはもともとEclipseというIBMオープンソースIDEがあったが、なぜ、JavaではIDEを使った開発を行うのか。
それは、単に「文字列が長いから」である。
Javaのクラスライブラリなどの文字列は、いちいち長い。これが、「JavaにはIDEが必要」という誤った方法論を生んでいる。
また、Javaの開発環境を入れるのは、Rubyなどに比べていちいち面倒くさい。
今のJavaの開発にはIntelliJを入れるのが一番ベスト。詳しくは以下が参考になる。

残念ながら有償で使うのがおすすめの模様

Webの情報を見ていると、無償版にはサーバー機能がない。有償版を使うのがおすすめである模様である。
後日注記:IntelliJはどこでも「有償のIDE」として紹介されている。個人購入であれば年間149ドル、1万6千円ぐらい。