わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

僕はもう何も教えない

僕はもう何も教えない

僕はもう、何も教えない。
そもそも、「教える」という行為はおかしい。
誰かが知っていて、その誰かが知識を権威として学ばせる、
それこそが、支配に他ならない。
僕は、誰のことも支配したくない。
もう僕は、何も教えない。
あなたが自分の力で学び、
自分の力で考えて賢くなりなさい。

真に平等なら、教える必要はない

真に世界が平等ならば、
何かの知識や情報を教える必要はない。
何も教えなくても、
それぞれが自由に行動して学べばいいからである。