Assyのリベラル文学研究所もご覧ください。

日本がユダヤ人を受け入れる

イスラエルパレスチナ問題

イスラエルパレスチナの間では、
長い間戦争が続いている。
イスラエル核兵器を持ちながら、
ロケット弾などを用いてパレスチナガザ地区などのアラブ人を攻撃し、
それに対して過激派の武装勢力ハマスなどが徹底抗戦をする。
こんなに残酷な戦争は存在せず、
イスラエルは「ドイツにされたことをそのままイスラムに対してする」かのように、
新しい「第四帝国」とも言えるような形相を呈している。

シオニズム運動

そもそも、この問題は、
自らの国を持たず、ヨーロッパ各国に分散していたユダヤ人が、
マイノリティとして生きる中で、金貸しのような嫌われる仕事で資本を稼ぎ、
その結果迫害され、ホロコーストのようにキリスト教徒に虐殺される中、
ユダヤ人の聖書に記述されていた、
自らの王国イスラエルがあったパレスチナと言う場所に、
再び自らの王国を作り、
その王国にイスラエル(案としてはシオンなどといった名前もあった)を建国し、
ヨーロッパからパレスチナに移住することで、
自らの国を再び築き、そこで平和に暮らそう、
という「シオニズム運動」の結果だった。
しかしながら、現実は、
パレスチナには既にアラブ人が住んでおり、
そのアラブ人から強制的に土地を奪ってイスラエルを建国しようとしたため、
アラブ人が反発し、その結果中東戦争が起き、
このような悲しい事態になってしまったのである。

問題の整理

問題を整理すると、
1.ユダヤ人は自らの王国イスラエルパレスチナに建国したい。
2.パレスチナには既にアラブ人が住んでいる。
3.アラブ人はパレスチナユダヤ人に明け渡したくない。
ということであり、
この問題を解決するには、
パレスチナ以外の場所をユダヤ人に与える」といった解決策が必要となる。
この問題は、解決が難しい問題とされてきたが、
僕はこの問題を解決できる。
すなわち、「日本がユダヤ人を受け入れればいい」のである。

日本がユダヤ人を受け入れる

日本がユダヤ人を受け入れる、ということは、
日本が新しいイスラエルとなって、
日本人とイスラエル人が仲良く暮らす、ということである。

ユダヤ人は外国人労働者の代わりになってくれる

しかしながら、日本は、
寛大で太っ腹だから、
善意だけでユダヤ人を受け入れようというのではない。
日本にとってもメリットがある。
それは、「外国人労働者の代わりになってくれる」というものである。
日本において、労働者不足の問題は深刻であり、
特に、農業、建設業、工業、そして介護などのガテン系の職業では、
外国人技能実習生に大きく頼っている現状が続いている。
彼らはインドネシアベトナムなどから日本にやってきて、
「日本の高い技術を学びたい」といった志を持ちながら、
実際は牛の世話や造船などの辛く苦しい仕事をやらされている。
労働条件や待遇の悪さから、失踪し、行方が分からなくなる外国人も多い。
不正入国も後を絶たない。
しかしながら、ユダヤ人をもし日本が受け入れれば、
ユダヤ人は彼ら技能実習生の代わりになってくれるのである。
また、農村や田舎の「過疎化」の問題も、
ユダヤ人が入植すれば、ユダヤ人の村となって解決するのである。

ユダヤの資本がそのまま日本の資本になる

また、ユダヤ人には金がある。
キリスト教徒には許されていなかった
金融業すなわち「金貸し」をユダヤ人だけが許されていたことで、
ユダヤ人はイギリスのロスチャイルドなど、
多くの資本を持っているが、
彼らユダヤ人の大富豪を日本が受けれれば、
ユダヤの財閥はそのまま日本の財閥となり、
株価もGDPも上がって、日本はアメリカや中国を超える豊かな国になる。

日本・イスラエル連合王国

しかしながら、これを読むと、
「単に日本の中にユダヤ人が居るだけ」だと思われるかもしれない。
そのため、日本の国名を変える。
日本の国名は、「日本・イスラエル連合王国」となり、
公用語は日本語とヘブライ語
国教は神道・仏教・ユダヤ教となって、
聖典は仏典・聖書そして僕のこの文書(在導聖書)になる。