わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

英語を学びたい

英語を学びたい

僕は、英語を学びたい。
たとえば、Linuxカーネルの開発がしたいなら、
Linux Kernel Newbiesというとてもいいサイトがある。
公式のKernel.orgでは分からない、
最新カーネルの変更点の概要が分かる、
LinuxChangesがとても素晴らしいほか、
カーネル開発者になりたい人向けのFirstKernelPatchも素敵である。
しかしながら、英語が読めなければ、
こうした海外のLinuxの情報を知ることはできない。
もっと英語を極めなければならないと思う。

単語帳よりも生の英語を解読しよう

単語帳を覚えるのは難しいし、
僕は英会話教室に通っているので、
少しばかりの英語は分かる。
だから、Linuxの情報などで、
英語で書かれている情報をなんとか解読して、
どうにかして英語力を身につけたい。
何もやることもすることも考えることもないなら、
英語を学ぶことだ。
これを、僕の新しい目標にしたいと思う。

取引コスト

また、争いごとは必要ない。
他の国と譲歩する姿勢も見せること。
僕は、目に見えない「さまざまな人との合意」ができないことで、
この世界は平和ではなく戦争になるのだと思う。
コロナ対策で日本のリーダーはあの戦争と同じく合理的に失敗している - 現代ビジネス - Yahooニュースを読んで思ったことは、
さまざまな「取引コスト」によって、
どんなに不条理に見えても、
取引コストを解決するのにかかる費用に比べれば、
絶対に勝てるわけのない戦争まで合理化されてしまう。
太平洋戦争の時の日本もそうだった。
アメリカとの50倍にもおよぶ軍事力の差が分かっていたにも関わらず、
彼らは満州国や石油の禁輸などの合意と取引に必要なコストを取ることより、
アメリカと戦争する方を選んだ。
彼らは結局、戦争で勝てるなどとは思わず、
単に戦争で負けたことが国民のせいであるかのようにして、
最初からアメリカに負けることは分かっていたのである。