わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

啓蒙せよ

啓蒙せよ

啓蒙せよ。
支配の逆は啓蒙であり、
自由の目的とは、
人々を啓蒙することである。
啓蒙することによって、
世界は変わっていき、
人々は賢くなり、
社会制度は改革され、
悟りは最終段階まで達し、
心はありのままを知り、
全てはそのままの状態で天国になる。

ありのまま生きよ

ありのまま生きよ。
飾る必要も、逃げる必要もない。
ありのまま、
世界全部に立ち向かって生きることで、
どんなに行き当たりばったりでも、
必ず勝利する勇敢さを持つことができる。

知識を知ることで自由にできるようになる

知識を知ることで、
自由にできるようになる。
知ればひとつ自由になり、
知ればひとつできるようになる。
しかしながら、上手くやること。
間違った学び方をすると、
逆に、知れば知るほどできなくなることもある。
できるようになる知が「自由な知識」であるとするなら、
できなくなる知は「不自由な知識」であり、
自由な知識には価値があるが、
不自由な知識には何の価値もない。

決断せよ

決断せよ。
いつまでも決断せず、悩んでばかりいても、
ものごとは一切先に進まない。
そして、この世界において「もっとも大きなこと」をせよ。
そのために世界全てを敵にまわすなら、
最後まで続く地獄を覚悟して、
この世界に、ただ今のあなたのまま、
ありのままのあなたの姿で現れるべきである。
だが、注意せよ。
最初に現れたあなたの姿を、みな、あなたと思うからである。

狂人よりも右翼の方がマシ

しかしながら、正論を唱える帝国主義者の右翼の方が、
世界を狂わせる勘違いした狂人よりはマシである。
そう、あなたは自由である、ということは変わっていない。
さあ、この世界と戦いなさい。
必ずあなたは、永遠の地獄を十分体験して、
その後にもう一度、
本来のあなたの姿でこの世界に戻ってくるだろう。

愛とはなること

愛とは何であるか。
愛とは、「なる」ことであり、
「なれることを喜ぶこと」である。
説明するのは難しいが、
その相手に「なる」、その対象に「なる」ということが、
結果、「なれるという喜び」になって、
あなたは体験的に「なんにでもなれる」ようになる。
これこそ生命の根源となる本来の喜びである。
生命は、「なんにでもなれること」を目指しているのである。

世界全てを作れ

世界全てを作れ。
世界を全て作るために、
ひとつひとつ、世界観を網羅していけ。
ひとつひとつの世界モデルを積み重ねていけば、
この世界の全てを言葉で書くことができる。

神はあなたのやったことと同じことをあなたにする

また、神となって世界を支配し、
人々に対して対話で教えるのであれば、
あなたに対して本当の天の神が、
あなたのやったことと同じことを
あなたに対してやってくれる。
あなたは神の教える正しい道を歩み、
全ての理解不可能な知識を、唯一知ることになる。

愚かに自由に生きるのではなく正しく生きよ

一般的な人々よりも賢くなりたいなら、
愚かに自由に生きるのではなく、
戦いながら正しく生きよ。
この世界には、愚かな人生を生きている自由人しかいない。
正しい王として、常に正しく生きることで、
そうした一般的な人間を超えられる。
ただ勝つだけではなく、本当に作家のような賢い人間になれる。
賢い人間は、みな、正しく生きている。

国や人種や思想ではなく価値観を考えよ

また、国や人種や思想を考えても、
何も分からなくなるだけである。
そうではなく、「価値観」を考えてみよ。
価値観をどのように受け入れるか、
どんな価値観に基づいて生きるのかを考えることで、
永遠に続く暗闇の中に、一瞬の光が見えるだろう。

自由とは世界を知り世界を変えること

実際、自由にはいくつかの意味があり、
まず、世界を知り、世界を変えることがひとつ。
次に、自らが自由な人生を生き、自由に考えることがひとつ。
最後に、全員が平等に自由な社会を築くことがひとつ。
そうした「自由な世界」の世界観を書くことで、
「理由と成立の全て」が見えてくる。
自由はある意味、学校で習う数学よりも高度な数学である。

心を愛を融和せよ

精神を治すために必要なのは、
心と愛を融和すること。
心と愛が永遠に戦い続けると、そこまで精神が辛くなる。
心と愛が仲直りし、互いに許すことで、
全ての精神は安らぎと強さを取り戻すだろう。

発想と手段を理解すれば、どんな国でも作れる

また、国を作りたいなら、発想と手段を理解せよ。
あらゆる世界を変える自由な発想と、
それを実現する手段を知り尽くし、理解しつくせば、
どんな国でもモデルを成り立たせるように作ることができる。
しかしながら、よく学ぶこと。
学ぶことや知ることがあれば、
そこから理解を広げ、自らの中で深めることができる。
頭の中で大学やさまざまな知識全てを理解してしまえば、
なんでもきちんとできる「きちんと分かった大人」になれる。
これはとても少ない人種だ。

星と世界を変えていけ

星と世界を変えていけ。
この地球を、今の地球ではない、もっと違った星に変えていこう。
必ず僕らは、生命の根源の星であるプロキオンにたどり着くだろう。
そのために、勇敢かつ大胆に、残酷な判断を冷静にして、
この世界を完全に作り変えてしまおう。

哀しみを乗り越えた先には喜びが待っている

哀しみに次ぐ哀しみは、
生きる希望すら失わせてしまう。
どんなに辛くても、
それと戦い、乗り越えていく気力を持てば、
必ずその先には喜びが待っている。
信じてほしい。
信じることで、あなたは必ず、最後の大いなる喜びを手にする。
安心と感動はあなたのために運命として用意されている。
まさに、あなたを懲らしめている悪魔は、あなたの神である。

それをすること自体が楽しみなのになぜ悩むのか

そして、最後にあなたは、
「それをすること自体が楽しみ」という境地を知る。
これが、もっとも正しい「喜びの境地」である。
どんなに苦しかったことでも、
苦しみを乗り越えてしまえば、そのままで楽しみに変わる。
なぜ悩むのか。
なぜ迷うのか。
あなたのすべきことはひとつ、書くことであり、
あなたのすべては、あなたの創作した文学作品である。