Assyのリベラル文学研究所もご覧ください。

最近はみんな賢い

プログラミングは賢くなっている

日本語プログラミング言語のなでしこなどを見ていると思ったのが、
「みんな賢くなっている」ということである。
なぜか、なでしこはJavaScriptを使用しており、
当たり前のようにNode.jsやElectronを使う。
また、なでしこの言語仕様そのものが、
日本人が誰でもプログラマーになれるぐらい、
賢いものになっている。
まさに「僕のような人間にはついていけないな」と思うところである。
みんな、賢くなっている。
僕も勉強して、賢くならないといけない。

英語を学ばないといけない

ただ、僕が痛感しているのが、
「英語のドキュメントという壁」である。
どのようにしたら、英語のパソコン関係の文書を理解できるのか、
良く分からない。
どうすればいいのだろうか、と考えている。

絶対に英語を分かるようになりたい

だが、僕は簡単にあきらめたくない。
絶対に英語を分かるようになりたい。

英文の自動読み上げサイトが便利

見ていると、英文の自動読み上げサイトが便利である。
Node.jsのドキュメントを、
エーオーシステムというサイトのテキスト読み上げ機能で
英文で読んでもらうが、
これはとてもいい。
僕は英会話教室で英語を学んでいるが、
読み上げサイトの話す英語は僕の行っている英会話教室そのもの。
これなら、Node.jsも理解できそうだ。

英文読み上げ機能は最高

聴いていると、読み上げ機能は最高である。
Node.jsだけではなく、
Linuxカーネルのドキュメントも聴こうと思う。

英語のネイティブスピードの発音が分かる

Pythonチュートリアルなどを前述した音声読み上げソフトで聴いていると、
とてもいいことが分かった。
それは、「ネイティブスピードで英語の発音を聴くと、
自然に目が次の単語に行くスピードが分かって、
発音も聴きとれるようになる」ということ。
この音声読み上げは、英語の学習にとても有効だと確信した。