Assyのリベラル文学研究所もご覧ください。

安寧

平和が一番いい

僕が思うに、平和が一番いい。
スリルや戦争のようなことは、無い方が良い。
誰もが安心して暮らすことができ、
受け入れられないような耐えがたい屈辱を受けずに、
自尊心やプライドを傷つけられることなく、
絶対にしたくないことは強制されないような、
そうした「自身の安寧(社会にとっての安心)がある自由」、
それが平和だと思う。

もう一度安寧のある時代を

最近、政治の世界では、
安倍自民党やトランプ米大統領など、
「今までにないことをやってくれる」ような、
ある意味独裁的で過激な政治家が台頭しているが、
僕は、これからの時代は、
逆にもう一度「安心できる平和な世界」を訴えかける政治家が
勝つようになると思う。
過激なことから嘘偽りまでなんでもかんでも言う、
極右政治家は、もう十分だ。
本当に必要なのは「過激な自由」ではなく「安寧」である。