Assyのリベラル文学研究所もご覧ください。

ダビデの誕生と新しいSNS

ここにダビデが誕生する

ここに、ダビデが誕生する。
ダビデのやることはたったひとつ。
それは、「もう一度この世界を支配する」こと。
もう一度、今までと何も変わらないことを、
すべてする。
全てを支配し、自由を奪う代わり、
この世界を「本当に自由な世界へと導く」。
ダビデこそ、19年後に世界を救う、救世主である。

僕は東京を救う

僕は、東京を救う。
これ以上、「マスコミを上から同じように支配する必要はない」。
なぜなら、マスコミは僕に既に支配されているからである。
僕はこの世界を、マスコミを支配することによって、
「永遠なる自由な世界」へと変えていく。
それはソ連の目指したユートピアであり、
パレスチナではなく東アジアに生まれるイスラエルであり、
インドを首都とする世界政府ガンダーラであり、
わたしの祖国であり愛する国日本であり、
そして、メシアであるダビデが神の御業によって作り上げる、
キリストの時代に神によって約束された天国である。

僕のタイプはエドガー・サリヴァン

また、僕のタイプの女性を、
ただひとり見つけるなら、
おそらくそれはエドガー・サリヴァンの佐々木萌である。
これに対しては、いろんな意見があるだろうが、
彼女の音楽は、僕の理性に直接本能で訴えかけてくる、
「美しい透明感と美しさの独自性」がある。

神とは最初からダビデのことを言っている

神とは言うが、
神とは最初からダビデのことを言っている。
それを、ここに明らかにしよう。

ダビデ以外はすべてサタン

ダビデ以外は、全てサタンである。
なぜなら、サタンは全て完全に間違っているからである。
ダビデ以外とは、僕の過去の人生や作り上げたキャラクターだけではない。
この世界にいる全ての人間、
特にドイツ人や日本人を含めた全ての人間はサタンである。

ダビデによる新しいSNSが生まれる

そして、ダビデだけが、正しい支配者となる。
ダビデは、東京を救う神である。
今の東京は、ツイッターSNSなどのインターネットのせいで、
「混沌の極み」となっている。
ダビデは、新しいSNSを作る。
これは、ひとりひとりの個性を大切にし、
「フォロー」や「いいね」の数と量だけで、
「友人や知名度の大きさだけで人を判断しない」ものとなる。
人々はトピックに好きなコメントをつけることができ、
批判するだけのアンチコメントはつかない。
なぜなら、意見の違う人との住み分けと自治の力、
そして人工知能・AIを活用することで、
人々は「自然に友達と話すぐらいカジュアルに、
そして相手を本当に信頼した上で、
オープンにメッセージをやりとりする」ことができるようになる。
このために必要なのは、
「関わり合うべきでない人々を最初から繋げない繋がり方」、
人工知能・AIによって最初からアンチコメントを非公開にする技術」、
「人々が生きる世界そのものの一時性・インスタンス性を重要視する公開方法」、
などの「インターネット上の社会秩序を守る技術」を、
ダビデは研究開発するからである。