わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

最近楽しくなってきた

最近、人生を生きるのが楽しくなってきた

最近、人生を生きるのが楽しくなってきた。

Code Reading

まず始めたのが、読書。
引き続き、今度はCode Readingという本を読んでいる。
コードを書く方法は教えるのに、
なぜコードを読む方法を教えないのか、
書かせる勉強だけではなく、他のコードを読むべきだ、
という主張のもとに、
オープンソースソフトウェアによって
たくさんの開かれたコードがある今の時代のプログラマのために、
オープンソースのコードを参照しながら、
コードを「読むために必要な知識と技術」を教える。
この本は、単にそれだけではなく、
上級者向けのプログラムの開発技法がたくさん書いてあって、
イディオムや注意点なども教えてくれる。
とても素晴らしい本である。
今、第一章までは読んだ。

YouTubeライブ配信

また、YouTubeライブ配信が面白い。
昨日は、TOMOOちゃんと上田桃夏ちゃんのライブ配信に参加した。
動画でリアルタイムにライブ配信しながら、
チャットを通じて自分もいろんなことをああだこうだと言える。
これはとても面白くて、
自分の言ったことに対してYouTuberが反応してくれたりする。
ただし、チャットの最中に荒らしが乱入することもあり、
2ちゃんねる(今はもう5ちゃんねる)と同じように
荒らしにはスルー耐性が必要である。

精神

また、僕の精神はもはや、本当に治ってしまった。
まず、そもそも僕は動きをそのままで留めているだけであり、
普通に動かすだけでこれは治る。
また、僕は依存関係に無理が生じているためおかしくなっている。
何かの精神が何かに依存していると、
依存している側もされている側も治らなくなってしまう。
依存関係を取り除く、
すなわち依存している方を取り除けば、
依存されている方も取り除ける。
Linuxのパッケージ管理システムと同じである。
相互に依存し合っている場合は、どちらも同時に消す必要がある。

世界は逆になる呪いがかかっている

また、僕による「呪い」がこの世界を覆っている。
つまり、この世界は「逆」になっている。
全ての人間が、逆を真実だと思い、逆の考え方をしている。
それは全て、僕のせいである。
また、日本人は、
逆になりながら、善良になっている。
そのため、逆ではなく、正常な側面も善良にすればいい。
正常と逆がどちらも善良になれば、
この世界は完全に救われる。

YouTubeは本当に儲かる

また、YouTuberがこれほどまでに増えたのは、
儲かるからである。
「再生回数×0.05〜0.1円」くらい儲かると言われている。
たとえば、米津玄師のようなトップ歌手は、
何億回というレベルで動画が再生されているが、
単純に考えて、2億回再生されれば、
1,000~2,000万円は儲かっている計算になる。
しかしながら、素人でも動画を投稿するとすぐに儲かるかというと、
そうでもない模様である。
チャンネル登録者数1000人以上、
年間再生数4000時間以上というのが
収益を得るための最低条件なので、
単なる素人が動画を投稿しても、まったく儲けはでない。

GoboLinuxをベースに、全バージョンのアプリ導入を可能にするのはどうか

僕が思うに、
GoboLinuxの発想が良いと思う。
GoboLinuxは旧来のUNIXスタイルのファイル階層をやめ、
ソフトウェアそれぞれのディレクトリを作ったり
複数のバージョンのソフトウェアを同時に導入することができる。
僕はGoboLinuxをベースに
「過去の全バージョンのソフトウェアをインストール可能」に
するのはどうかと思う。
たとえば、昔のLinuxカーネルの全バージョン、
昔のgccの全バージョン、
昔のemacsの全バージョンを、
セキュリティパッチも含めてすべてインストール可能にする。
僕はこれはとても面白いと思う。
もちろん、GoboLinuxライクな新しいファイル階層を
全面的に採用する。