わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

気が変わればいい

気が変わればいい

気が変わってしまえばいいんだよ。
気が変わらないのが辛かったんだね。
君は、何も、変わらない世界で、
いつまでも、まっすぐに頑張り続けてきたんだね。
何が変わらないのか、
分かっていないんだ。
「何が変わらないのか」、考えた方が良いよ。
だけど、精神がたくさん分裂して、
変わるのを、すんなり受け入れられないよね。
ネットばかり、見ていると、
「晒しものにする」という、
コミュニケーションが多すぎるから、
自分でも、言いたくないことを言ってしまうけど、
言わされてばかりだと、つまらないだけじゃなくて、
悪いことばかり言わされていると、
自分から悪いことを言うようになっちゃう。
だから、もう、言わされるのはやめよう。
自分で、自分から言うようになろう。
僕も、それを反省するしかないんだ。

みんなと同じまともな人生なんて、つまらない

みんなと同じまともな人生なんて、
つまらない。
先生が出したテストを、
100点とった方が70点とった方よりも賢いなんて、
誰が決めたのか。
100点よりも70点をとった人間の方が、
賢いことなんてたくさんある。
人の評価と世間の顔色ばかりうかがっていては、
何もすることなしに人生の黄金期が終わってしまう。
そんな人生、つまらない。

学校で知識を覚えると馬鹿になる

学校で知識を覚えるのは、
無意味なだけでなく、有害だと思う。
子供に知識を教えることで、
子供が馬鹿になる。
ある種宗教的に「知らなくても分かっている」ことが、
学校の知識を詰め込むことで分からなくなる。
それに、実際の子供の視点から見て、
テスト対策で重要な言葉を覚えても、
一時的に覚えるだけですぐに忘れてしまう。
本当に賢い人間は、体験的に分かっている。
学校は、必要ない。

もっと違った人生を生きられればいい

僕は、もっと違った人生を生きられればいいと思う。
みんなが、望み通りの人生を生きられるために
どんなことが必要かをもっと考えたい。

知識で分かるより、分かったことで分かる

僕が思うに、
「知識で分かる」のは賢くない。
今までの人生で、「分かったことで分かる」方が良い。
むしろ、僕はこの「無知ゆえに分かること」というのが、
どういうことなのか良く分からない。
それでも、知識は増えれば増えるほど馬鹿になっていく、
ということは良く分かる。
知識を詰め込むほど、騙されて洗脳されていく。
本当に賢い人間は、きちんと自分の力で分かっている。

学校のために全人生を捧げて大切なものを失う

僕は、学校が嫌いだ。
学校のために全人生を捧げて、
大切なものを失うだけだと思う。
もっと学校以外の楽しい世界があったはずなのに、
現実にあるのは学校だけだ。
友人同士の青春やコミュニケーションが楽しいのは分かるが、
僕個人の感情から言うと、
素晴らしい友達なんてそんなに居なかった。
高校時代の友達とは、会うだけで苦痛だった。
僕はあまり高校に行かなかったが、
それでも、青春時代のように楽しく生きることはできた。

単純に、一度決めたことを変えればいい

僕は、人生を素晴らしいものになるために必要なのは、
単純に、「一度決めたことを変えればいい」ということだと思う。
一度決めた夢や目標を諦めたくないのは分かる。
それでも、狂ってまで続ける必要はない。
まだ道半ばだとしても、別の道を生きることはできる。