わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

確実か、適当か

僕は確実性しか考えていない

実際、僕は確実性しか考えていない。
「確実に終わること」しか考えていないのが間違いである。
もっと、適当でいい。
問題は、「やるか、やらないか」ではなく、
「確実か、適当か」である。
すなわち、「確実にやる」「確実にやめる」ではなく、
「適当にやる」「適当にやめる」とすれば、
精神病は治る。

もうありえないことはしない

僕は、もう、ありえないことはしない。
この世界における全てを自由に委ねて、
ここで僕は去る。
さようなら、またいつか、会える日まで。