わたしの名はフレイ 作家・デザイナー見習い
神々とともに生きる詩人 一等星シリウスの導きを信じて

人間とは

一直線上に繋がっているものからの自由

僕は最後に、あることに気が付いた。
たとえば、植物が根っこによって繋がっているのと同じように、
低レベルな存在は、一直線上に繋がっている。
たとえば、電線や、インターネット、歴史の流れなどは、
全て一直線上に繋がっている。
これに対して、人間は、三次元上を自由に移動できる。
一直線上に繋がっているものに対しても、
人間は植え替えたりすることで、自由に変えることができる。
つまり、人間は「自由」である。
どうでもいいことかもしれないが、これが僕の発見した宇宙の真理である。
宇宙は一直線上に繋がっているが、
それからの「自由」こそが人間の生きる意味や価値なのである。

無意識を治す

精神を治すためには、無意識を治すことである。
無意識とは、要するに「無意識でしていること」である。
人間は、意識して行動することだけでなく、
無意識で行動していることが多くある。
無意識で考え、無意識で分からなくなることはたくさんある。
この無意識を治すことで、精神そのものの学習を治すことができる。
たとえば、精神的なストレスは、学習から「暗闇の精神」となって、
いつまでも自分を支配する。
このストレスを、無意識を上手くコントロールすることで解放できる。

判断と推論

僕の場合、無意識で「判断と推論」を繰り返しているが、
これがストレスとなって、「常に動き回る精神」となっている。
判断と推論をやめるためには、
「仕方ない」と受け入れること、あるいは諦めることである。
何も受け入れようとせず、諦めようとしないから、
逆に判断と推論が続いてしまう。
むしろ、判断とは言うが、おかしな推論的な判断をしていて、
実際は何も考えていないのである。

血と粘膜が汚れている

また、僕は長い間引き篭もり生活をしていたせいで、
血と粘膜が汚れている。
これをきちんと綺麗にすれば、精神も楽になる。

最後に

そう、これでもはや全てが終わりである。
世界は正常になる。
むしろ、既に日本は全てが正常になっている。
これによって、世界の全ては救われる。
さようなら。